【盗み捜査専門】実名報道‼︎新潟県警部補春の定年を目前に万引きで逮捕

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

新潟県警の警部補が「万引き」で逮捕


長岡警察署で盗みの捜査を担当する59歳の警察官が25日夜、長岡市内のスーパーで菓子1点を万引きしたとしてその場で逮捕されました。


逮捕されたのは、長岡警察署の警部補で盗みの捜査を専門に担当する岡田幸成容疑者(59歳)です。


警察の調べによりますと岡田警部補は、25日午後6時40分ごろ、勤務を終えたあとに訪れた長岡市喜多町のスーパーで、販売価格278円の菓子1袋を万引きしたとして盗みの疑いが持たれています。


岡田容疑者は代金を支払わずに店の外に出たところを警備員に取り押さえられ、その場で逮捕されたということです。


警察によると、岡田容疑者はこの春、定年退職するはずでした。


県警は、窃盗事件を担当する刑事が、一般人に逮捕されるのは、県警史上で初めての事案だと話しています。



警察は捜査に支障があるとして認否については明らかにしていません。


岡田容疑者は「窃盗症」なのか、定年をむかえるので気が緩んだのか。


しかし実名報道された以上、定年まであと1ヶ月少しなのに「懲戒免職」で退職金がもらえなくなるかもしれません。


ハシゴを降りるまで気を抜くなとは、よくいったものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です