【盗撮】熊本大院准教授を書類送検‼︎6年間で100回以上女児を盗撮

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

熊本大学大学院准教授が盗撮で逮捕

 

熊本大学大学院の准教授の男が、大阪の入浴施設の更衣室で小学生の女の子の裸を盗撮したとして、逮捕されていたことが分かりました。

 



警察によりますと、熊本大学大学院先端科学研究部の准教授、中村徹容疑者(42)=神奈川県鎌倉市玉縄=は、ことし7月、大阪・浪速区にある入浴施設の男性用更衣室で、小学生の女の子の裸をスマートフォンで撮影したとして、府の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されました。

 

逮捕容疑は今年7月16日午前11時20分ごろ、大阪市浪速区の温泉施設「スパワールド世界の大温泉」の男子更衣室で、父親に連れられた女児の裸をスマートフォンで盗撮し、昨年9月17日午後2時半ごろにも、同じ場所で別の女児の裸を撮影して児童ポルノを製造した疑いです。

 

小さい子が好きだった

 

中村准教授はいずれも休みで大阪に来ていおり、7月16日に盗撮に気付いた男性従業員が110番し、同署が翌17日に府迷惑防止条例違反容疑で逮捕、18日に釈放して任意で調べを進めていました。

 


警察が調べたところ、自宅や大学の研究室から押収したパソコンから裸の女の子の画像が多数見つかったということです。

 

警察によりますと、中村准教授は6年ほど前から盗撮のためにこの施設に通っていたということで、「小さい子が好きだった。2012年から(同じ施設で)100人以上盗撮した」と供述しているということです。

 


警察はこのうちあわせて2件の盗撮を裏付け、児童ポルノ禁止法違反などの疑いで、すべての書類を検察庁に送りました。

 

中村徹准教授とは

 

中村徹容疑者は研究ではかなりの成果を上げているらしく、ネット上でかなり名前でヒットします。

 

経歴は

 

2016年度 – 2018年度 : 熊本大学, 大学院先端科学研究部(工), 准教授
2014年度 – 2015年度 : 熊本大学, 自然科学研究科, 准教授
2014年度 : 熊本大学, 大学院自然科学研究科, 准教授
2013年度 : 九州大学, 大学院数理学研究院, 助教
2011年度 – 2013年度 : 九州大学, 数理(科)学研究科(研究院), 助教
2012年度 : 九州大学, 数理学研究院, 助教
2011年度 : 九州大学, 大学院・数理学府, 助教
2007年度 – 2011年度 : 九州大学, 大学院・数理学研究院, 助教

参照:https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000090432898/

 

研究者としてトントン拍子に出世して、国立大学の准教授にまでなっています。

 

今回の事件は、性癖なのか研究心のなせる技なのか。

 

これは、性癖ですね。

 

しかし同じ場所で盗撮を繰り返して、6年間も見つからなかったとは、ある意味すごいとは思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です