【盛岡】隣家にゴミ82キロを投棄‼︎63歳女が起訴される

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

隣家のベランダにゴミを投棄した女逮捕


隣の部屋のベランダに大量のゴミを投げ捨てたとして、女が起訴されました。


参照:NNNニュース 



5日、検察は、岩手県盛岡市の無職・平野弘子被告(63)を、隣の部屋のベランダにゴミを投げ捨てた罪で起訴しました。


平野被告は、隣の部屋から複数回にわたり、残飯やペットボトルなど、およそ82キロのゴミを投げ捨てていました。


投げ捨てられたガラス瓶が粉々に割れていることもあったということです。


盛岡市は、平野被告に対し2017年からゴミを投げ捨てないよう指導し。1年ほど前には隣の部屋の住民を避難させました。


しかし、空き部屋になってからもゴミが投げ捨てられ、窓ガラスが割れるなどの被害が出たため、警察に届け出たということです。


空き家になった隣の部屋のベランダにゴミを投げ捨てるというのも隣人トラブルにしてはおかしな話です。


盛岡市が出てきていますから、おそらくこのアパートは市営住宅で市の担当者への嫌がらせかもしれません。


平野被告のゴミの量と汚さは尋常ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です