【磐城一高】58歳の副校長が18歳の女子高生と真剣交際‼︎きっかけは

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

58歳の副校長が18歳の女子高生と不適切な交際


いわき市の磐城一高の男性副校長(58)が、女子生徒と不適切な交際をしたとして1月31日付で諭旨退職の懲戒処分となっていたことが8日分かりました。


磐城一高は1958年開校の私立女子高です。


1月に「2人がキスしている写真がある」との情報提供があり、副校長は事実関係を認めました。


撮影されていた写真は昨年夏ごろのものでした。


少女が同校生徒かどうかは明らかにしていません。


スポンサーリンク

二人が付き合うことになったきっかけ


副校長は既婚者で、この女子高生から昨年春ごろに相談を受けるなどして親密になっていったということです。


そして、昨年4月ごろに副校長が少女からLINE(ライン)のメッセージをもらったことをきっかけに、交際が始まったということです。


58歳の教師と女子高生というよりも、同級生感覚です。


問題の写真は、2人で自撮りした写真が第三者に流出したものとみられています。


副校長の名前はネットの情報によると「齋藤さん」というらしいです。

(一応ネットの垢にも残っていました)


副校長と女子高生。


40歳差の恋は「諭旨退職」という結果に終わりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です