【福田大樹の顔写真】千葉大病院で女児にわいせつ行為‼︎ストレス発散?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

小学校低学年の女児にわいせつ行為

 

勤務先の千葉大病院(千葉市中央区)のエックス線撮影室で、女児に自身の下半身を触らせたとして、千葉中央署は13日、強制わいせつの疑いで診療放射線技師、福田大樹容疑者(27)を逮捕しました。

 

参照:千葉日報

 

警察によると「ストレスを発散させるためだった」と容疑を認めています。

 

福田容疑者の逮捕容疑は12月7日、病院のエックス線撮影室で、検査を受けに来た県内に住む小学校低学年の女児に、下着を脱いで下半身を触らせるなどわいせつな行為をした疑いです。

 

2人きりの撮影室で

 

警察によりますと、女児は初診で、撮影室では容疑者と2人きりだったということです。

 

エックス線撮影の後、室外で待っていた付き添いの母親に被害を訴え、母親が当日、警察に被害届をに出しました。

 

千葉大病院の発表では、福田容疑者は2014年4月から勤務しており、勤務態度に特に問題はなかったということです。

 

女児が被害に遭った12月7日、病院の相談窓口に関係者から訴えがあり、警察に届け出るよう伝えたとしています。

 

病院側が把握していなかっただけで、他にも余罪があるかもしれません。

 

また盗撮している可能性もあるので、家宅捜査も行なった方がいいと思います。

 

HPに謝罪文を掲載したが

 

業務中の職員が病院内でわいせつ容疑事案を起こしたことに大学と病院は、徳久剛史学長と山本修一病院長の連名で「お子さまとご家族の皆さまに心より深くおわび申し上げます」とする文書をホームページに掲載しました。

 

しかしネット上では、女児への心の影響を心配する声が出ています。

 

女児にとって、この事件は一生「トラウマ」になるかもしれません。

 

病院では、謝罪文を掲載して再発防止を行なっていると機械的な対応をする前に、この女児の心のケアをして欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です