【紀州のドン・ファン】幼妻が7千万円を先食い‼︎脱法スレスレの方法とは

幼妻が遺産相続の前に7千万円を手に入れる

 

入籍からわずか3ヶ月で夫に先立たれた22歳の妻のAさん。

 

その夫とは、紀州のドン・ファンこと故・野崎幸助氏(享年77)です。

 

そのAさんが、遺産相続の前に会社のお金を先食いしていたと報じられていました。

 

当初1億円という話でしたが、週刊新潮ではその額を7000万円と報じています。

 

野崎氏は、2018年5月24日に違法薬物の過剰摂取によって変死。

 

現在、警察の捜査も暗礁に乗り上げ遺産相続も保留状態です。

 

そんな中、Aさんがすでに7000万円のお金を手にしていたというのです。

 

スポンサーリンク

ギリギリのグレーゾーンで手にしたお金

 

Aさんは7月末に亡くなった野崎氏の酒類販売会社の株主総会を開いて代表取締役に就任

 

その時に、過去にさかのぼって社長や元家政婦といった取締役を退任扱いにしました。

 

そして、7000万円もの役員報酬を株主総会で承認させ、9月に支払われています。

 

どうして、こんなことが株主総会で承認されたかというと、株主総会に出席したのはAさんだけだからだそうです。

 

この7000万円は遺産ではなく、「役員報酬」という法の抜け穴を通ったお金です。

 

法の抜け穴とは

 

週刊新潮で弁護士が解説するには、野崎氏の保有していた株式は遺産分割が行われるまで法定相続人の「共有状態」になるということです。

 

今回の相続は、妻のAさんが3/4、兄弟が1/4になります。

 

そのため、過半数の株式を受け取ることになる妻のAさんが、株主総会の議決権を行使できることになります。

 

そうすると、Aさんは酒類販売会社の株式の過半数を所有しているとみなされ、議決権の行使は適法であり、取締役の選任や報酬金額を決めることができるとのことです。

 

しかし、「遺言書」の通り、全財産を田辺市に寄付するということが認められれば、妻の相続分は1/2になり、相続する株式が過半数に満たなくなるため、議決権そのものが成り立たなくなり、7000万円を返還する必要に迫られる可能性が出てきます。

 

しかし、22歳と若く決して頭がキレるタイプではないAさん。

 

自分で考えられるわけもなく、誰がこんな「法の抜け穴」を指南したのでしょう。

 

Aさんに依頼されている、レイ法律事務所の代表弁護士の佐藤大和弁護士でしょうか。

 

しかし、他紙の取材に対して「知らない」と回答していました。

 

佐藤弁護士はマスコミにもよく出ているイケメン弁護士で、この脱法スレスレの遺産の先食いを指南するようなリスキーな真似をするとは思えません。

 

幼妻のAさんには、いつも背後に誰かがいてAさんを操っている気配がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です