【老人ホーム殺人】最後に残した被害者のダイイングメッセージ

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

老人ホームで殺人を起こした黒沢容疑者

 

警視庁は5月22日、東京都品川区の老人ホーム「サニーライフ北品川」に入居していた黒沢喜八郎さん(当時82)を殺害したとして、元職員の根本智紀容疑者(28)を殺人容疑で逮捕しました。

 

事件の発端は4月4日、『黒沢さんが倒れた』という根本容疑者自身の119番通報。

司法解剖の結果、背中付近に暴行の痕があったほか、肋骨4カ所が折れて内臓にまで傷があったことが判明。

これは、なんと3階建ての建物から転落したのと同じぐらいの衝撃がなければできない外傷です。

防犯カメラに映る黒沢

 

施設の防犯カメラには、夜中に黒沢さんの部屋に出入りする根本容疑者の姿が映っていました。

根元容疑者は、4月3日〜4日まで夜勤。

82歳で右半身が不自由な黒沢さんを根元容疑者は仰向けの状態のまま、強引に部屋に引きずり込んでいたということです。

 

黒沢さんは亡くなる一ヶ月前に入所。

黒沢さんは搬送から1日余り生死の境をさまよっていましたが、その間に意識が戻ったとき、認知症が進んでいたにもかかわらず、次女に『若い男に蹴られた』とダイイングメッセージを残しました。

 

これが今回の逮捕の決め手となりました。

根元容疑者のはちゃめちゃ人生

 

根本容疑者は14年7月にこの老人ホームに入社。

それ以前にも複数の施設で働いていたのがフェイスブックから分かります。

 

 

https://www.facebook.com/profile.php?id=100006204513960&__tn__=%2Cd-]-h-R&eid=ARCfc0COvokurjU4PNxQSt_fQj6jU4mYNTNpKH-WehfHL8IdMFH0f-7b8x-K-KCsixNEPcNR-YGSMaOZ

 

フェイスブックをみる限り、鳶職をしたり、ホストをしたり、介護の仕事も続かずすぐにやめています。

 

ギャンブルやオートバイで遊ぶ姿の写真ばかりがアップ。

 

前に勤めていた施設では仮病を使ったり、同僚の持ち物を盗んだりするなど、素行の悪さが問題視されていたとのこと。

 

ただ力仕事をしていたようなので、力は強かったと思われます。

サニーライフの評判

 

週刊新潮によると、このサニーライフは全国に約120ヶ所あり、廉価路線を突っ走っている施設とのこと。

 

このサニーライフに勤務していた元看護師の女性の証言では

・ヘルパー10〜12名のうち、7・8人が中国や東南アジア出身で日本語はカタコト。

・日本人に仕事が集中

・激務にたえかねて、人格が歪みストレス発散で入居者に暴力が始まる。

・人件費を削りすぎて人的ミスが多発。

という負のスパイラルが施設で生まれているとのことです。

 

この会社の体質が根元容疑者を犯行に走らせたとは言いませんが、一度この施設を国で調べる必要があると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です