【花田優一】芸能界の大物の靴を下請けに丸投げ‼︎現在「破門」状態

花田優一「タレント活動」も破門

 

貴乃花親方の長男で靴職人の花田優一氏(23)が、タレントとして活動していた芸能界から事実上「破門」に追い込まれていることが17日判明したと夕刊フジが報じています。

 
元貴乃花親方の有力支援者で、宗教法人「龍神総宮社」(京都府宇治市)代表の辻本公俊氏(65)が、優一氏の不義理について言及しています。

 

優一氏は13日に元幕内力士の陣幕親方の娘と離婚したことを明かしましたが、原因は優一氏の浮気とされています。

 

優一氏はタレント活動に本腰を入れているため、依頼した靴が出来上がらないとクレームが殺到。

 

さらに、芸能界の某大物実力者から靴の発注を受けましたが、製作を後回しにしてタレント活動を優先したことが判明しました。

 

作業を別の工場に「下請け」させていたことが発覚し、某大物とテレビ関係者がカンカンに怒っていると語っています。

 

辻本氏は、現在の優一氏は、離婚した上、タレントとして所属事務所から契約解除。

 

芸能界からの信用はなくし、四面楚歌だと語っています。

 

極度のマザコンでも知られる優一氏。

 

頼みの綱は、母親の河野景子さんだけになってしまいました。

 

優一氏は、高校卒業後、イタリアのフィレンツェで靴職人を目指して3年間修行し、帰国後、都内に自身の工房を設け、完全受注制で靴を製作。

 

当初は、職人として独立したしっかりした二世と言われていましたが、今や「やっぱり二世か」という評判に落ち着いてしまいました。

 

私は、タレントはあきらめ、靴職人として出直すことが一番だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です