【苫小牧】アパートの車庫に残された猫の無残な死骸が‼︎

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

苫小牧のアパートに殺された猫の死骸


4月8日、苫小牧市のアパートの車庫で頭部から出血している猫の死がいが見つかり、警察は動物愛護法違反などの疑いで調べを進めています。


8日午後3時すぎ、苫小牧市新明町4丁目のアパートの車庫で、猫が死んでいるとアパートの住人から通報がありました。


アパートの住人が車庫のシャッターを開けて外出し、帰宅したところ、車庫の奥で猫の死がいを発見したということです。


猫は頭部から出血し、血だまりとなっていて、飛び散った血もあったということです。


警察は現在犯人を捜査中です。


何の罪もない猫を殺すとは。


それも残虐な方法です。


人が殺害される前に、早く犯人が逮捕されればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です