【近藤弘之】60歳歯科医師が診療中5人に‼︎フード姿と卑劣な行為

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

近藤弘之歯科医師がいかがわしい行為

 

治療と偽って女性患者にいかがわしい行為をしたとして送検された長万部町の60歳の歯科医師近藤弘之容疑者が、他にも5人ほどにわいせつ行為をしていた可能性があることが新たにわかりました。

準強制性交等の疑いで再逮捕、送検されました。
フードを深くかぶりすぎて、前も見えない状態です。

 

 


参照:UHBニュース

近藤容疑者の卑劣な行為

 

近藤容疑者は2019年2月25日、午後1時ごろ、当時勤めていた石狩市内の歯科医院で、顎関節症の治療と偽って患者の20代の女性の口を悪用し、いかがわしい行為をした疑いが持たれています。

近藤容疑者は「ムラムラしたのでやりました」と容疑を認めています。


女性は当時布のようなものを顔に載せられていて、近藤容疑者の犯行に気付かなかったということです。

近藤容疑者は犯行の1時間前、治療と称して別の20代の女性患者の胸を触り、カメラで服の中を撮影したとして逮捕・起訴されていて、余罪を追及したところ今回の犯行が発覚しました。

逮捕後長万部町で働いていた近藤容疑者

 

近藤容疑者は最初の逮捕後、石狩の歯科医院を3月に解雇されていましたが、その後長万部町内の歯科医院で働いていました。

 

長万部町の歯科医院も知らずに雇ってしまったのでしょう。

 

60歳で歯科医院に雇われていた近藤容疑者。
過去にさかのぼれば、被害者が他にもいる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です