【道路にロープ】犯人の目的はストレス解消のため?被害者がツイート

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

道路にロープを張った男が逮捕

 

相模原市の市道で26日、路上に張られたロープにオートバイが引っ掛かって転倒した事件で、相模原南署は29日、殺人未遂の疑いで、相模原市南区のパート従業員・出来公一容疑者(41)を逮捕しました。

 

逮捕容疑は、26日午前3時35分ごろ、同市南区相模台1丁目の市道にロープを張り、オートバイで通り掛かった同区内に住むパート男性(45)を転倒させて軽傷を負わせたとしています。

 

 

参照:ツイッター

 

被害者の方はとても謙虚です。

 

殺す気がないとは?

 

警察によりますと、出来容疑者は「ロープを道路に張ったことは間違いない。日々のストレスの解消のためにやった」と供述し、事実関係を認める一方、死んでもいいとは思っていなかった」とも述べ、殺意については否認しています。

 

道路に張られていたロープは太さ約1センチ、長さ約8.9メートルで、茶色と黒のしま模様。

 

市道(幅約4.6メートル)の両端に立つ電柱と看板に結び付けられ、地上50~105センチの高さで道路を斜めに横切る形で張られており、ひでさんのスクーターはロープを巻き込み転倒しました。

 

速度いかんによっては、オートバイに乗っている人間は死んでいます。

 

特に首にロープが引っかかっていたらアウトです。

 

自転車でもロープで転倒して頭を打つとか、そのまま車にひかれて死ぬことだってあり得ます。

 

「死んでもいいとは思っていなかった」→「どうでもよかった」ではないでしょうか。

 

ストレス解消のためにやったイタズラにしては、度が過ぎています。

 

私は、容疑は「殺人未遂」でいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です