【道路にロープ】逮捕の男が送検‼︎犯人の出來公一『顔写真』判明

41歳の男が殺人未遂で書類送検

 

神奈川県相模原市の路上で道路に張られたロープにバイクが引っかかり男性がけがをした事件で、41歳の男が30日朝、送検されました。

 

殺人未遂の疑いで送検されたのは、相模原市のパート従業員・出來公一容疑者(41)です。

 

参照:TBSニュース

 

今月26日、相模原市内の路上に道路を横切るようにロープを張り、バイクに乗っていた45歳の男性を転倒させて腰を打撲するなどのけがをさせました。

 

参照:TBSニュース

 

警察の取り調べに対し、出來容疑者は「日々のストレスを解消するためにやった」などと供述しています。

 

ストレス解消のためで、道に変装してまでロープを張るというのもかなり危険な人物です。

 

赤の他人をロープで転倒させたりして何が面白いのでしょう。

 

一見、真面目そうに見える、出來容疑者。

 

心にかなりの闇を抱えているようです。

 

余罪がないかも調査したほうがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です