【野村証券元社員】女性に暴行‼︎野村証券に内容を聞いてみた

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

野村証券元?社員逮捕

 

ことし2月、東京都内の飲食店で、20代の女性にスパークリングワインなどの酒を大量に飲ませてこん睡させ、性的な暴行をしたとして、警視庁は、当時、野村証券の社員だった東京 港区に住む千葉健太容疑者(28)と、大阪 北区の樋野良輔容疑者(25)逮捕しました。

 

女性は現在も精神的なショックから立ち直れず体調を崩したままだということです。

 

*樋野良輔

参照:NHKニュース

*千葉健太

参照:ANNニュース

2人はことし2月15日深夜から翌日未明にかけ、渋谷区内の飲食店で当日知り合った女性らと酒を飲み、その際に「ゲーム」と称して、スパークリングワインなどを一気飲みさせ泥酔させて、五反田駅近くのホテルに連れ込んで性的な暴行をした疑いが持たれています。

 

女性は2人とは初対面でしたが、飲食店でスパークリングワインを一気に飲み干すよう何度もあおられ、ホテルではかわるがわる性的暴行を加えられたということです。

 

その後、女性はホテルから抜け出し、警察官に助けを求めました。

女性は精神的ショックから立ち直れず

 

女性は現在も精神的なショックから立ち直れず、体調を崩したままで、仕事に就けない状態が続いているということです。

警察の調べに対し2人は「黙秘」。

犯行時は野村証券の社員であったふたりですが、千葉容疑者と樋野容疑者は4月に野村証券を自主退社しています。

 

おそらく、野村証券が逮捕される前に退職を促したものと思われます。

 

ふたりとも野村証券に入社するくらいなので優秀で、千葉容疑者は「海外研修」にまでいった社員だとネットで特定されています。

野村証券も事件を知っていた可能性あり

 

野村ホールディングスは「当社の元社員が逮捕されたことは事実です。被害者の方に深くおわびするとともに社員教育の再徹底を図り信頼回復に努めてまいります」とコメントしています。

 

しかし、ふたりは2月に事件を起こして、4月に自主退社、6月に逮捕という時間的経過をたどっています。

事件を起こした時には社員でした。

 

当然、捜査の過程で会社もこの事件について知ったものだと思われます。

そのため、ふたりには退職を促し(強制?)、退職すれば「元社員とはいえ・・」というコメントが発表できます。

 

そして、ふたりはすでに弁護士と打ち合わせをして「黙秘」をするように指示され警察では揃って「黙秘」を続けているのだと思われます。

野村証券に電話で取材

 

野村証券に電話をして、このふたりの件ですというと「担当部署」につながれました。

そして、おわびをなぜかいただき、「もともと会社は知っていたのではないか?」という質問にはお答えできないとの回答。

 

警察での捜査にまかせているとのこと。

担当部署といっても、コールセンターの女性の可能性もありこれ以上聞いてもかわいそうなのでやめました。

 

このふたり、すでに弁護士とも打ち合わせをしており「不起訴」または実刑にはならない可能性があります。

 

私は、いくら刑事事件とはいえこのふたりに準備期間を与え過ぎた感じがしてなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です