【闇営業】カラテカ入江は反社だと知っていた⁉︎アウトな芸人たち

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

田村亮もアウト

 

「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)の追放に、スポンサーが動きだしそうだと東スポが報じています。

 

これまで「反社会的勢力とは知らなかった」「ギャラは受け取っていない」としてきたふたりですが、その内容が大きく揺らいできました。

 

「ノーギャラはありえへん」とダウタウンの松本もいっています。

 

関係者はすでに「宮迫への特番やイベントのオファーが取りやめられている」と明かすし、これではスポンサーの決断も時間の問題とされています。

詐欺グループのパーティーに出席



この問題は、先週発売の写真週刊誌「フライデー」が報じて発覚。

大規模振り込め詐欺グループが2014年12月27日に都内のホテルで開いた忘年会に、多くの吉本所属の芸人が出席していました。

参加したのは仲介者の「カラテカ入江慎也、宮迫、田村亮のほか、レイザーラモンHG、ガリットチュウの福島善成。

 

今勢いに乗っているガリットチュウの福島。

人気は落ちているといっても、知名度の高いレイザーラモンHG。

 

さらに14日発売の「フライデー」によると、この忘年会の半年前の同年6月ごろ、同じ詐欺グループの首謀者の誕生会にも吉本所属の芸人である入江のほかムーディ勝山、「天津」木村卓寛、くまだまさし、ザ・パンチ、2700(現在はザ ツネハッチャン)など。

 


この会には詐欺グループのメンバー100人以上が出席し、司会は入江が務めていたということです。

 

入江は「反社」だと知っていた

 

契約解除の原因となった忘年会について、入江は「反社会的勢力とは知らなかった」と話してましたが、詐欺グループの元メンバーは、この誕生会の前に少なくとも3度入江と飲み会で同席しており、この場で幹部連中が「詐欺で稼いでいた」と話していたといい、これに入江は「悪いことしないと稼げないっすもんね」と笑っていたという。

完全に裏をとられている入江。

吉本も事実を知っていたのかもしれません。

 

また、宮迫ら忘年会に参加した芸人たちは「ギャラは受け取っていない」と主張していますが、元メンバーは「絶対に払っていた」とフライデーに証言。

 

忘年会と同様、芸人を呼んだのは入江で、仲介料として100万円支払った。

しかも「ギャラは手渡しではなく、振り込み」とまで語っています。

 

田村亮も「反社」だと知っていた疑惑が

 

忘年会に参加したロンブーの田村亮も、入江と同様に詐欺集団だと認識していたと発覚。

その証拠として、この誕生会直前にあった入江主催のイベントに、詐欺グループは協賛として参加。

この時「詐欺で稼いでいた」と言う幹部に、亮はうなずいていたということです。

 

『フライデー』が先週報じた忘年会に、田村はラジオ番組で『入江にノーギャラですけど、と誘われ、フラッと行った』と話していましたが、売れっ子芸人にそんなことはありえません。  

また宮迫と田村の「ノーギャラだった」と主張もまずありえないと思われます。

これらのパーティーには現役の暴力団員も出席しており、もはや逃げ切りは不可能だというのが芸能界の味方です。

宮迫は、まだレギュラー番組の降板こそないが、特番やイベントなど、宮迫への多くのオファーが取りやめられているのが実情とのこと。  

今後、宮迫や亮のレギュラー番組に「影響が出るのは時間の問題」との声も出ています。

 

「楽しんご」は真っ黒

 

楽しんごも吉本との契約を切られましたが、やはり裏社会とのつながりは強いようです。

 

 

スポンサーが反社と繋がりを持った芸人を嫌うのは当然。  

あの島田紳助でさえ、反社とのつながりで芸能界を去っています。

 

ダウンタウンの松本は、9日放送の情報番組「ワイドナショー」で、「正直言うと、ないと思いますね。何らかのお金は受けていると。どういうふうに分配されたかは分からないけど」と語っています。

さらに「宮迫でいうと、お金どうこうじゃなくて、入江に頼まれてパッと顔を出したというのは想像できますね」。続けて「一切お金なしに、あれだけのパーティー、あれだけのサービスするっていうのは、ボクはないと思う」と話しています。

 

今回の闇営業騒動。

吉本がこれから大ナタを振るいそうです。

 

【雨上がり宮迫】闇営業問題でついにアウトか?松本は真っ白

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です