【闇芸人】今度はスリムクラブ。稲川会の幹部の誕生会で闇営業

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

今度はスリムクラブの「闇営業」

 

6月27日、吉本興業は人気コンビ「スリムクラブ」の真栄田賢と内間政成を無期限謹慎処分にしたと発表しました。

 

 

吉本が報道各社に送ったファックスによると、「飲食店オーナーの誕生日パーティへの演芸提供を直接依頼され」と書かれているようですが、実際には、指定暴力団稲川会の幹部の誕生日パーティへの参加だったとフライデーが報じています。



今週号のフライデーでは、スリムクラブが指定暴力団である稲川会の大幹部Sの誕生会で『闇営業』をしている様子を詳しく報じるとしています。

 

このSは稲川会の本部長でナンバー3

 

この稲川会の大幹部Sは、稲川会の最有力団体の本部長(ナンバー3)を務めている人物で、今年4月に稲川会の六代目に就任した内堀和也会長の側近中の側近とのこと。

 

 

年は40代半ばですから、若手のでもバリバリの出世頭。

Sは10代後半から稲川会に所属するバリバリのヤクザで、一番の”ウリは『経済力』。

川崎(神奈川県)の繁華街をシマ(縄張り)にしており、さまざまな「ビジネス』でメチャクチャ儲けているということです。



宮迫らが行ったとされる「闇営業」

その営業先は指定暴力団の幹部にまで及んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です