【養護学校教諭】停職処分‼︎太っている子にデブというのはおかしいのか

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

定年退職までの停職処分?

 

名古屋市教育委員会は13日、生徒に暴言を吐いたり、足を踏むなどの暴力を振るったりしたとして、市立天白養護学校高等部の男性教諭(60)を停職109日の懲戒処分とし、発表しました。

 

市教委は「停職6カ月に相当する」としましたが、今年度末の定年退職までの処分としました。

 

またこの教諭には、弁護士などで作る有識者会議の意見を採り入れた調査報告書も公表し、懲戒処分の対象として12件の体罰や暴言が確認できたことも明らかにしました。

 

スポンサーリンク

太っている子にデブと言って悪いのか

 

この教諭は2015年から今年にかけ、生徒に日常的に「チビ」「デブ」などの暴言を吐いていたほか、生徒を蹴ったり、耳を引っ張ったりしていました。

 

トイレの個室にいた生徒にホースで水をかけたこともあったということです。

 

参照:NNNニュース

 

教諭は暴行の疑いで今月3日に書類送検されています。

 

この教諭は、自分の行為について

 

「こちらを向かせようと足で押さえた」

 

「太っている子に(デブと)言うのはおかしいのか」

 

などと市教委の調査に弁明したということです。

 

この教諭は、まったく反省していません。

 

相手は障害のある子ですから、手がかかるのは当たり前です。

 

「太っている生徒にデブと言って何が悪い」という教師は初めてです。

 

他にも事実確認ができなかった暴言や体罰などが複数あったということですが、これで停職6カ月は処罰が軽すぎるような気がします。

 

また、校長(59)もこの暴行を知っていながら見逃していたようで、減給処分になりました。

 

私は、もうすぐ定年だからと居直っているこの教諭に対しては懲戒解雇が妥当だと思います。

 

そうすれば退職金が出ないので、反省もするでしょう。

 

『定年退職までの停職処分』というのは、これだけの暴行、暴言を繰り返し反省もしていない人間に対して如何なものかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です