【2歳児に性的虐待】30歳義父再逮捕‼︎ネットでは悲鳴が上がる

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

2歳児を虐待死させた義父を再逮捕


2017年、大阪市で当時2歳の女の子が義理の父親に暴行され死亡した事件で、警察は6日、女の子に性的暴行を加えた疑いなどで、父親を再逮捕しました。


傷害と強制性交致傷の疑いで再逮捕されたのは、今西貴大容疑者(30)。


参照:ツイッター


今西容疑者は、2017年12月、大阪市東淀川区の自宅で、当時2歳4カ月の希愛(のあ)ちゃんの頭に暴行を加えて死亡させたとして、傷害致死の罪で起訴されています。


今西容疑者は起訴後の12月26日に保釈され、記者会見を開いて「虐待など絶対しない。まったくそんな事実はない」などと話していました。


その後の調べで、希愛ちゃんは、死亡の1カ月前にも左膝を骨折していたことや、性的暴行を受けた疑いがあり、警察は6日、今西容疑者を再逮捕しました。


スポンサーリンク

まだ残っているフェイスブック


この希愛ちゃんは今西容疑者の義理の娘です。


希愛ちゃんは妻の連れ子で、今西貴大容疑者と養子縁組を行っています。


いまなお、今西容疑者のフェイスブックには一家の写真が掲載されています。


参照:フェイスブック 


一度保釈されているなら、その時に可愛がっていた娘が死んだら辛いので写真の載っているSNS関係は消すと思うのですが消していません。


堂々としているのか、かなりズボラな性格なのか。


真ん中に写っているのが、希愛ちゃんです。


性的暴行については逮捕当時から疑いがあったもので、警察はすでに希愛ちゃんの遺体に性的暴行が加えられた形跡があったことを把握しており、複数の医師を交えながら慎重に捜査を進め、今回の再逮捕に踏み切った模様です。


この希愛ちゃんの遺体の形跡については、ネット上では「おぞましい」「信じられない」などと悲鳴が上がっています。



今西容疑者の妻で希愛ちゃんの母親は、娘が虐待されていた時にパチンコをしていたとも伝えられています。。


そうなると母親も共犯のようなものです。


今回の再逮捕で、今度こそ犯行が確定することを祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です