【LINEスタンプ】新たな暴力団のシノギに‼︎「若いのを行かせます」

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

暴力団員がLINEスタンプを自作


警視庁に摘発された指定暴力団組員の男が「LINE」上で使える「LINEスタンプ」を自作し、オンライン上で販売した疑いがあることが分かりました。


スタンプは一般の利用者向けに販売されており、警察当局は暴力団が若者らに浸透しているラインに目をつけ、新たなシノギ(資金獲得活動)としている可能性があるとみて警戒を強めています。


スタンプは複数の種類があり、短髪の男性の画像に「アニキと一緒です」「本部です」「若いのを行かせます」「ヘッドに確認して」「本部は誰が泊まるの?」などの文言があるとのことです。


販売額はラインのルール上の上限の600円に設定し、スタンプ作成者には、手数料を差し引いた一部が還元される仕組みになっています。


600円という値段のスタンプはなかなかありません。


今後、SNSを利用した暴力団のシノギも懸念されています。


手先の器用な暴力団組員による「こずかい稼ぎ」か、組織的な動きなのかも調べると思われます。


一度現物を見てみたいと思って調べたのですが、すでに消されていました。


逆に「幻のスタンプ」としてプレミアがつくかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です