【NGT山口】秋元氏は運営に関係ない‼︎感謝と謝罪のメール

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

NGT山口が秋元氏にメール


昨年12月に男性2人から暴行される被害を受け、4月21日の劇場公演でグループからの卒業を発表した、NGT48の山口真帆(23)が2日、有料会員用のメールサービスで、AKB48グループの総合プロデューサーである秋元康氏(61)への感謝の思いをつづったと報道されています。


山口はメールで、秋元康が運営のトップだと思っていたことを明かし、助けてくれるように直談判しようと思ったことを明かしました。


しかし、すでにAKSは秋本氏の手を離れ、秋本氏はトップでないことを知りさらに何も報告されていなかったことです。


秋元氏の手から離れたAKS


すでに昔のAKSの体制は変わっており、誰も運営に気を遣って発言できない状態。


私は今も実権は秋元氏にあると思っていたので驚きです。


そして、秋元氏が自己保身に走らず唯一山口のことを心配してくれたことに感謝。


おにゃんこクラブの時から、人のいいギャグの分かる秋元氏は変わっていなかったようです。


「秋元さんはれなとりこのことも心配してくれたから、私は凄く感謝しています。それなのに極悪人だと思っていたことをここでお詫び申し上げます…」と、ともに卒業を発表した菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)のことも秋元氏が考えてくれていたことも説明し「私が秋元さんにとって極悪人だ(笑)」と締めくくったとのこと。



一番の極悪人は、AKSという組織を運営している「会社」ということですね。


その会社の権力にどっぷり浸かったトップは、今回の件も含め責任をとるべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です