【NHK】アレフに個人情報を誤送信‼︎坂本弁護士事件の教訓いかされず⁉︎

要点をざっくり

  • NHK札幌放送局は2日、オウム真理教の後継団体とされるアレフに個人情報を誤送信したと発表しました。
  • アレフ本部広報部に誤送信したのは、住民6人へインタビューした音声データをダウンロードできるサイトのURLです。
  • 送信後、アレフ側とは接触できておらず、ファイルを実際に開きデータをダウンロードしたかは把握できていないということです。

NHK放送局のディレクターがアレフに個人情報を誤送信

 

NHK札幌放送局は2日、オウム真理教の後継団体とされるアレフの取材をしていた同局放送部のディレクターが、住民6人へインタビューした音声データをダウンロードできるサイトのURLを、誤ってアレフ本部広報にメールで送っていたと発表しました。

 

参照:ANNニュース

 

NHKによると、1日午後5時頃に札幌市白石区のアレフ札幌支部の周辺の住人にインタビューした録音データ計2時間半分をダンロードできるサイトのURLを、アレフに送ってしまったとのことです。

 

ディレクターは、この録音データの文字起こしを外部業者に委託する際に、同僚のメールアドレスにも同時に送ろうとして、変換が間違ってアレフ本部のアドレスになっていたのに気づかずに送信してしまったとのことです。

 

このディレクターは会社のシステムを使用せず

 

これまでもこのディレクターはアレフ側とメールのやり取りをしたことがあったとのことです。

 

また本来は、セキュリティーが高いNHK独自のファイル転送システムを使うことになっていましたが、ディレクターは一般向けのシステムを使用していたことが分かっています。

 

今は大きい会社であれば、会社のメールソフトを使用すると、個人情報に該当するものは、自動でセキュリティーがかかるのが通常です。

 

それを嫌ったのか、めんどくさかったのかこのディレクターは一般のGメールか何かを使用していたと思われます。

 

それでも、個人情報を外部に送信するときは2回に分け、本文にロックをかけたものと、2回目にパスワードを送信するのがルールです。

 

これはすでに、各企業では常識です。

 

それもめんどくさかったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

送信した内容で個人が特定される恐れあり

 

このディレクターがメールの誤送信後、すぐに気づいて上司に報告しましたが、データのファイルを開けないように処理をしたのは2日午前10時ごろだったとのことです。

 

この間、17時間。

 

送信後、アレフ側とは接触できておらず、ファイルを実際に開きデータをダウンロードしたかは把握できていないということですが、メールを開かない方がおかしいです。

 

アレフとは接触できていないといっていますが、メールとかではなく広報のアラキさんに電話すれば回答はすぐくれるはずです。

(メールを開いたというかは疑問ですが)

 

アレフの広報のアラキさんが、現在アレフの名目上のトップでのあることは、NHKでも知っているはずです。

 

NHKは自費でガードマンを雇うべきでは

 

NHKは、録音の一部には取材した住民の個人が特定される可能性がある内容が含まれ、連絡先が分かった住民2人には連絡、謝罪したとしています。

 

・・・ということはアレフ側でも個人が特定できるということです。

 

アレフの札幌支部の周りには、アレフの信者も多数住んでいます。

 

 

録音の内容はおそらく、不安を感じる、早く出て行ってほしい・・というアレフ側にとってはネガティブなものだと思われるので、個人を特定され何かされる恐れがあります。

 

1996年には、オウム真理教被害者の支援をしていた坂本堤弁護士一家殺害事件(89年)の発生前に、TBSのワイドショースタッフが坂本弁護士にインタビューしたビデオテープをオウム幹部に見せていたことが発覚しています。

 

インタビューに応えた住民にとっては、ただの個人情報の漏洩ではすまされません。

 

現在、国内最大と言われるアレフ札幌支部の周辺には、公安も警察の姿も見えません。

 

少し静けさを取り戻したアレフに、あえて火種を投じるとは。

 

まだ、事件は起こっていないでしょうではすみません。

 

NHKは、インタビューに応えた人に何かあればすぐ駆けつけられるように、自費でALSOK等に依頼すべきではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です