【YouTuberラファエル】チャンネル凍結‼︎ツイッターでで謝罪

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ラファエルのチャンネルが凍結


1月22日、YouTuber・ラファエルのメインチャンネルが停止されていることが判明。


チャンネル登録者数は200万人超。



チャンネルが停止された理由は明らかとなっていません。


今回チャンネルが停止されたのは、200万人以上がチャンネル登録していたメインチャンネルで、メインチャンネルの他にも、サブチャンネル(38万人)とゲーム用チャンネル(11万人)なども運営していましたが、こちらについては今のところ影響はありません。


現在、YouTube業界に衝撃が走っています。


スポンサーリンク

仮面YouTuberラファエルとは


ラファエルは、常に仮面をつけてジャージで動画を投稿。 


自称・時給日本一ユーチューバー。


元自衛隊員で、購入及び制作した武器の威力を試す動画、美女を街でナンパする企画、「時給日本一ユーチューバー」ならではの大金をつかった企画で人気でしたが、その反面たびたび炎上。


エロ系のものも多く、そのグレーゾーンの投稿が「新しいYouTubeのガイドライン」に抵触したのでしょう。


ツイッターで土下座で謝罪


ラファエル側は、今後過激なものエロ系なものをやめ新しいチャンネルで再スタートするので、そちらに登録するようにSNSで謝罪しています。


参照:ラファエルツイッター


この動画では、アカウント停止の理由については説明していませんが、謝罪動画で「エロ系や怪しい企業案件は一切やりません」、「クマと戦ってみた」、「ランボルギーニにひかれてみた」、「他人の後頭部をバッドでフルスイングで殴ってみた結果」といった過激な動画をやめると伝えているため、これらの動画が『YouTube』のコミュニティガイドラインに違反していると思われます。


『YouTube』は1月15日に危険なチャレンジやいたずらに関する動画を禁止するようコミュニティガイドラインを変更しており、上記で挙げられた動画がこれらのポリシーに早速抵触したものと思われます。


ラファエル側は、今後は「家族全員が楽しめる安全な動画」を投稿するとしています。


ラファエルのチャンネル停止を受け、今後は過激なコンテンツを扱ったYouTubeは激減するものと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です