お悔やみ詐欺・男はある報道を参考にして犯行におよぶ。札幌市

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

お悔やみ詐欺の松尾邦春が送検

 

新聞のお悔やみ欄を見て遺族にウソの手紙を送り、現金をだまし取ろうとして逮捕された松尾邦春容疑者が7日検察庁に送検されました。

 

参照:STVニュース

 

松尾容疑者は「児童ポルノのニュースを見て犯行を思いついた」などと話しているということです。  

松尾容疑者は先月、夫を亡くした札幌市内の女性に対し、「ご主人様から預かっていた荷物が違法なわいせつDVDでした。警察に提出します」などと、ウソの手紙を送り、現金をだまし取ろうとしました。

お悔やみ欄から送り先決める

 

松尾容疑者は新聞の「お悔やみ欄」から送り先を決めていました。

さらに、「児童ポルノのニュースを見て犯行を思いついた」と、容疑を認めているということです。

 

また、同様の手紙を「100通送った」とも話しています。

この松尾容疑者の本名である「マツオクニハル」が、これらの手紙のお金の送金先に書かれていたため、ネットではすでに特定され注意を呼びかけていました。

 

 

 

 

SNS等で騒がれているということは、かなりの数を送ったと思っていましたが100通とは。

実際に振り込もうとしたお年寄りも

 

松尾容疑者の手紙を見て、残された遺族が実際にお金を振り込もうとしたと報道されています。

それを、子どもが見て事件が発覚しました。

 

松尾容疑者も父親を亡くして一人暮らしになっていますから、それも参考にしたのかもしれません。

亡くなった遺族の弱みにつけこむ悪質な犯行です。

 

『お悔やみ欄詐欺』の佐呂間町の松尾邦春はひきこもり?顔画像が判明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です