【イッテQ!】打ち切り必至‼︎BPOが日テレに報告書の提出求める⁉︎

この事件をざっくり言うと

  • 8日発売の「週刊文春」で、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の『ヤラセ疑惑』を報じた件について、ついにラオス政府が動き出す国際問題に発展しています。
  • 日テレでは「不適切な発言」はあったと、ヤラセを否定しましたが、フジテレビ、テレビ朝日が紳士協定を破り、この祭り問題の取材を行いました。
  • そして、日テレが一番恐れていた、BPO(放送倫理・番組向上機構)が動き出し、今回の問題について日テレに報告書の提出を求めることを決定しました。

「イッテQ!」の「ヤラセ疑惑」を日テレが否定

 

週刊文春が「ヤラセ疑惑」として取り上げたのは、お笑い芸人の宮川大輔が世界の過激な祭りに参加するという人気コーナー「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」のうちの5月20日放送回の『ラオスの「橋祭り」』

 

参照:週刊文春オンライン

 

文春では、ラオスではそのような祭りはなく、「『イッテQ』がでっち上げた祭り」だと報じています。

 

これに対し日テレは8日、「企画は、現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はなく、また、番組から参加者に賞金を渡した事実もございません」と説明。

 

さらに、「この催しについて、コーディネート会社から、ラオスでは村単位で開催されているという説明はあったものの、今回放送した会場での開催実績を十分に確認しないまま作業を進めてしまいました。結果、この会場で初めての開催であった『橋祭り』を、放送では毎年行われているかのような、誤解を招く表現となりました」と不適切な表現があったことを謝罪しました。

 

ラオス政府が動き出し国際問題に

 

そして9日には、舞台となったラオス政府が対応を協議していることが判明。

 

9日午後、FNNで「ラオス情報文化観光省」の関係者に取材を行い、『日本テレビのバラエティー番組で、「橋祭り」と紹介されたイベントについて、「ラオスの祭りでも文化でもない」と強く否定した』ことを伝えています。

 

参照:FNNニュース

 

さらに、「『祭り』を紹介する企画だと、事前に知っていたら許可は出さなかった。なぜなら、このイベントは、本当の祭りではないからだ」と話しており、「日本人は、誠実な人たちだと思っていた。今後は、もっと申請を精査する必要がある」とまで語っています。

 

そして、ラオス政府が今後の対応を協議しているとまで語り、国際問題に発展する可能性も示唆しています。

 

また、テレビ朝日も現地取材を行っており、ラオス政府も日本のテレビ局が動いているため、「大ごと」ととらえたようです。

 

まさか日テレも、フジテレビが自局の番組に対して、ここまで突っ込んで取材してくるとは思ってもみなかったと思われます。

 

キー局はお互いに傷をほじくり返して痛い思いをしないためにも、よほどの事件にもならない限り、他局のスキャンダルを大きく報じないという「紳士協定」があると言われています。

 

他局がこれほど取材攻勢をかけてくるとは、日テレにとって想定外のことだったようです。

 

スポンサーリンク

BPOが動き出す

 

日テレが一番恐れているのは、総務省やBPO(放送倫理・番組向上機構)が動き出すことで、『イッテQ!』だけではなく他の全番組でも同様の事例がないかを洗いざらい調べさせられ、報告を求められることだと、日テレ関係者が語っていました。

 

そして、やはり国際問題にまで発展したこの『イッテQ!』のヤラセ疑惑に関して、BPOは今回の問題について日テレに報告書の提出を求めることを決定

 

来月の委員会で精査して対応を検討するとしていますが、ヤラセが認められれば、『イッテQ!』の打ち切りは免れないと思われます。

 

さらに、『イッテQ!』の他の企画や他の番組も調査され「ヤラセ」が発覚すれば、4年連続で年間視聴率3冠王を獲得している日テレが陥落する可能性も出てきます。

 

今日初の『イッテQ!』オンエア

 

日テレの「ヤラセ否定会見」では「現地コーディネーター」の存在を強調して、今回の罪を現地コーディネーターや下請けの制作会社になすりつけようとした印象を私は持ちました。

 

フジテレビでは、現地取材で

番組収録のコーディネートを行った会社は、「自転車で橋を渡るイベントを提案し、セットを組んだ。参加者は自分の会社で集め、賞金も支払った」とコメントした。

「橋祭りは、番組の企画のために自分たちが提案した」と、日本テレビ側とは異なる説明をしている。

“ラオスの橋祭り”に参加した少年は、「(参加することについてどのように誘われた?)『日本人がイベントをやるから参加しませんか?』と先生が言った。全部で30人くらい参加してほしいと言っていた」、「コーチから、サッカーのトレーニングになると言われた」などと話した。

FNNニュースから引用

 

フジテレビでは、現地取材でこの「祭り」自体が作られたものであることを報じています。

 

週刊文春では、「日テレの反論会見」に対してさらに取材を行い、「追撃企画」を次号で記事にするとしています。

 

また、内村さんがこの「ヤラセ疑惑」に激怒して、日テレの全ての番組を降りる?という(憶測)記事まで出ています。

 

きょう11日には騒動後初となる番組がオンエアされますが、放送関係者によれば、特に変更などはなく通常通り放送するということです。

 

参照:『イッテQ!』HP

本日の放送も告知されています

 

それと都合のいいことに、今回の問題となった「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」のコーナーは、当初から放送の予定がないとのことです。

 

私は最初に「ヤラセ疑惑を全否定」するのではなく「現在調査中」として、今後の対応を十分に考えそれから徐々に事実を認めていけばここまでの問題には発展しなかったと思いますが、それこそ「後の祭り」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です