チュートリアル・徳井義実。納税せずに2億円のマンション現金一括購入。逮捕もあリえる?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

人気お笑い芸人・チュートリアル徳井の申告漏れ問題。

 

ルーズな性格もさることながら、かなり悪質な確信犯である可能性がでてきています。

 

徳井義実が2億円のマンション購入

 

お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(44)が、自ら設立した個人会社チューリップの申告漏れと所得隠しを東京国税局から指摘された問題。

 

今年に入って2億円の高級マンションをキャッシュで購入していたことが明らかになりました。

 

マンションは現金一括で購入

 

徳井は今年の春先に高級マンションを購入しています。

 

知人によれば、それまで自宅兼事務所として借りていたマンション内で、もっと広い部屋が売りに出たので今年の2月に現金一括で購入。

 

その価格は2億円にのぼるということです。

 

登記簿等本には抵当権がついておらず、現金一括で購入したとされています。

 

徳井の買い物が現金一括の理由

 

知人は、レンジローバーやBMWなどの高級車も現金一括で買っており、徳井はローンを組んだことがないと語っています。

 

所得の申告をしていなければ納税証明書や源泉徴収票といった書類を用意することができず、銀行でローンは組めません。

 

この2億円のマンションを現金一括で購入した時点で、徳井には税金の無申告の自覚があったと思われます。

 

マンション購入が国税局を怒らせたか

 

不動産を購入するとその登記情報は法務局から税務署に共有されるようになっているということです。

 

不動産を購入したお金がどこから出ているのかを税務署が把握するためなんだとか。

 

税金も支払っていない徳井が2億円のマンションを買ったとなれば、国税局も黙っていられなかったのではないでしょうか。

 

堀江貴文氏もツイート

 

今回の徳井の税金の申告漏れについて、堀江貴文氏は24日にユーチューブをアップしました。

 

このなかで、徳井の件を解説し、少しでも世論が『徳井さん、ひどいんじゃないか』っていう方に振れると刑事告発される可能性は十分ありえると私見を述べていました。

 

新たな事実が判明したことを受け、「思ったよりもこれ酷いな。国税もよく許してるな」とツイートしています。

 

徳井の申告漏れ問題が、活動休止から逮捕もありえる状況になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です