ツイッターで『正論おじさん』擁護の声‼︎やっぱり正論?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

「正論おじさん」とは

 

三重県松阪市中心部の商店街で、市内に住む高齢の男性が、店先に置いているのぼり旗や看板が「歩道にはみ出ている」として、のぼり旗を壊すなどの激しい抗議をしていて、商店街側とトラブルになっています。

 

人呼んで「正論おじさん」

89歳の男性です。

 

商店街の看板やのぼりが、歩道にはみ出しているのは道路交通法76条の3に違反しているいうことで、1ミリでも歩道に看板やのぼりがはみ出ていると撤去。

 

そのやり方も、無理やり自転車を店の中に入れたり、店の人間は罵倒したりと尋常ではありません。

店側では売り上げが落ちたり、ノイローゼ気味になり店を締める店主も。

 

テレビのコメンテーターからはやりすぎとの声も聞かれています。

ガラッと変わった商店街

 

平成2年の商店街と現在の商店街です。

まったく、変わっています。

 

参照:東海テレビ

 

・・・というかこんな綺麗な商店街をみたことがありません。

 

1ミリでも歩道に看板やのぼり自転車がはみ出していたら強制的に撤去する「正論おじさん」の画像です。

 

参照:東海テレビ

そのやり方はかなり過激です。

店を休業する商店も。

正論なのかやりすぎなのか

 

この正論おじさんに東海テレビが単独インタビューをしています。

 

参照:東海テレビ

正論おじさんは語ります。

 

「法律を守ってなぜ悪いのかということ。悪いことない、1番正しい。日本の国というのはご承知の通り法治国家なんだから。お年寄りがぶつかって危ないから、悪いけども看板は自分の敷地内に入れてくださいよと。警察の方でやらなければ、私がどんどんどんどんやりますよ。あなたがやらなければ、私がやるってんだ!」

この商店街を使っている住民は

 

この商店街を使っている人の意見も別れています。

前の方が活気があってよかったとする人。

道が狭くて自転車とぶつかりそうになりという男性。

 

特に視覚障害者の男性は、普通に行けば看板に当たると語っています。

 

 

正論おじさんはやっていることは正しいのですがやり方が過激すぎるように感じます。

 

ツイッターでは「正論おじさん」擁護の声が

 

ツイッターでは「正論おじさん」に擁護の声が上がっています。

 

 

 

 

 

 

私の目ではとても商店街が綺麗になっていいと思いますが・・・。

逆に綺麗な商店街にお客さんがくるような気もします。

 

正論おじさんのやり方はどうかと思いますが、やっていることは正論?かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です