ドラレコで事故原因判明。ススキノで車が歩道に突っ込み7人をひく

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ススキノで軽乗用車が信号待ちの人たちをはねる

 

13日午後8時10分ごろ、札幌市中央区南3条西4丁目の歩道に同市清田区の男性(20)が運転する軽乗用車が乗り上げ、信号待ちをしていた人たちを次々とはねました。

 

参照:毎日新聞

 

10~30代の男女計7人が搬送されたましたが、いずれも意識はあり、命に別状はありませんでした。

目撃者よると、当時、現場付近には10人ほどの人がいて、車が突っ込んだ後に3、4人が倒れていたと話しています。

 

男性は「車を避けようとしてハンドルを切ったら、歩道に乗り上げた」と話しているということです。

現場は・ススキノにある商店街で、この日は3連休の初日でもあり、観光客らで混雑していました。

事故の場所は

 

事故の場所は『北海道札幌市中央区南2条西4丁目2−11』

MEGAドン・キホーテの前です。

 

ススキノの中心地になります。

事故の原因は

 

STVでこの軽乗用車の事故の寸前のドライブレコーダーを報じています。

 

参照:STVニュース

 

猛スピードで札幌駅方面に走っていく軽乗用車。

右折車両を避けようとして、ノーブレーキでハンドルを切って歩道に突っ込んでいきます。

 

明らかなスピードの出し過ぎと前方不注意です。

被害者の命に別状はないといっても、頭から血を流していた人や倒れて動かない人もいます。

 

参照:STVニュース

 

目撃者は、「キャーという金切声が上がった」「とにかく血がひどかった」と語っています。

ドライブレコーダーを見る限り、運転手はスピードも落とさずハンドルを左に切ってそのままの速度で歩道に突っ込んでいます。

 

この事故で死亡した人がでていないのが不幸中の幸いでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です