ビートたけし週刊新潮に法的措置‼︎事実と異なる点とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

T・Nゴンが週刊新潮に法的措置

 

ビートたけし(72)が所属する芸能事務所「T.Nゴン」が20日、報道各社にファクスを送信し、同日発売の「週刊新潮」の掲載内容について「このような当社及び当社関係者に対する中傷記事については断じて許し難いものとして、法的措置をとることとしております」とコメントを発表しました。

 



コメント全文は以下の通りです。

 報道関係各位

 本日発売の「週刊新潮」に掲載の、当社所属タレント ビートたけしに関する記事において、ビートたけし及び当社役員らが、長年良好な関係にあった関係者を困惑させるような無理な要求をしたり、理不尽な理由でお付き合いを終了したり、テレビ局に対して出演料を1・5倍にするよう要求したなどの内容が報じられておりますが、いずれも事実に反する内容であり、なぜこのような報道になるのか驚いております。

 当該記事において当社が関係を終了するなどとしたとされているヘアメイク、整体師及び喫茶店経営者らは、いずれも現在も良好な関係にある方々であり、この度各人に確認したところ、「週刊新潮」からは取材も受けていない、又は取材を受けた際に良好な関係を説明したにもかかわらず説明と全く異なる内容が書かれた、などの証言を得ております。また、当社がテレビ局に対して、出演料を1・5倍にするよう要求したとの事実も一切ありませんし、そもそもテレビ局に対してそのような要求することはあり得ないことだと考えております。さらに、本件記事中において、ビートたけしと親しい関係にあるというテレビ朝日元プロデューサー皇氏のコメントが掲載されていますが、同氏とお仕事上のお付き合いがあったのは30年以上前のことで、その後はサウナで数回偶然にお会いした程度でした。昨年楽屋でお会いした際には、週刊新潮の取材に対し勝手なコメントをしてしまったとのお詫びの言葉を頂いたのであり、記事に記載の会話は全くございません。

 当社としては、このような当社及び当社関係者に対する中傷記事については断じて許し難いものとして、法的措置をとることとしております。

令和元年6月20日

株式会社 T.Nゴン

 

週刊新潮の記事の内容との相違点

 

新潮の記事

 

・ビートたけしの愛人とされる女性が、たけしの絵画を飾ってある銀座の老舗喫茶店に対し、絵画を引き上げたいという通知を出した。

 

・たけしの世話を長年してきた男性ヘアメーク、女性整体師が、たけしから遠ざけられた。

 

・テレビ局に対し、出演料を1・5倍にするように要求した。

 

・テレビ朝日の元プロデューサーの皇達也氏も、離婚したたけしに対して批判するコメント

 

たけし側

 

・記事に出てきたヘアメーク、整体師、喫茶店経営者らはいずれも現在も良好な関係にある。

 

・たけし側で確認したところ、「週刊新潮」からは取材を受けていなかったり、取材では良好な関係を証明したのに、異なることが書かれた、などと主張している。

 

・出演料の1・5倍要求にも「(要求の)事実は一切ありませんし、そもそもテレビ局に要求することはありえないと考えている」

 

・皇氏に対しても「仕事上のお付き合いがあったのは30年以上前のこと」と慕う上で、昨年楽屋で会った際には、皇氏から「週刊新潮に勝手なコメントをしてしまったとのおわびの言葉を頂いた」ことを明かした。

今回の記事に書かれた皇氏との会話は全くない。

 

週刊新潮がたけし側がいっているような取材をして記事を書いたとしたら、今後、記事の信憑性を疑わなければならなくなります。

 

この対決の軍配はどちらにあがるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です