マジか‼︎札幌への「イケア」の出店計画撤回。テレビでもイケア特集

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

イケアの札幌への出店計画撤回

 

家具販売大手イケアの日本法人イケア・ジャパンは、2020年までの札幌出店計画について、撤回したことを明らかにしました。

 

今後は東京都心への小型店出店や、オンラインストアの充実に経営資源を集中するとしています。

 

数年前から、道産子はイケアの出店を楽しみにしていただけにショックです。

 

今日も坂上忍の番組でおしゃれなイケアの家具の特集をしています。

やはり、おしゃれです。

 

イケアは14年に出店計画を発表

 

イケアは14年に、札幌を含む地方都市などへ積極出店し、当時の6店から20年までに14店体制とする計画を発表。

 

現在は仙台や長久手(愛知)を含む9店舗まで増えましたが、親会社が昨年に「ビジネスを刷新し再構成する」と方針転換。

 

2万平方メートル超の大型店を郊外に出店するビジネスモデルから、大都市の都心部に小型店を出すことを軸とする計画を示したということです。

 

とりあえず、札幌に出店してから方向転換して欲しかったと個人的には思います。

 

イケアは小規模店舗を東京・原宿に出店



イケア・ジャパンは来春までに、東京・原宿に小規模店舗を出店し、売り場面積は既存店の1割ほど。


同社は「今後も同規模の店を東京23区内に数年間で複数出すための準備を進めている」とし、小規模店も含めて道内への出店は現時点で考えていないということです。

道産子の間では、一体イケアがどこに出店するか話題になっていました。

北区や北広島には土地が余っているので、そこらへんかなと私は思っていたのですが。


最近ニトリが元気

北海道の家具屋といえばニトリです。

 

 

ニトリは創業家である「似鳥」の名字から店名をとっている北海道を代表する企業です。

ちなみにツルハも創業者の名字の「鶴羽」からきています。

 

ニトリが最近「元気」なのも札幌進出に待ったをかけたようです。

 

昔のニトリは安いだけで同じような商品が並べられていた店でした。(失礼)

 

しかし、今はオリジナル商品や家電のラインナップも豊富です。

土日になると買い物客でいっぱいです。

 

特に北海道発祥の「ニトリ」の存在は、イケアにとってかなり大きなものだったと思われます。

どうしても、イケアの商品が欲しければ送料が安くなったネット販売を使うしかありません。

 

このままだと前から噂になっている、コストコ2号店の話もどうなるか分かりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です