仲が悪かった元義理の父親を刺す‼︎札幌西区の路上

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

2年前まで義理の父を刺す


6日夕方、札幌市西区の路上で男性が包丁で刺されけがをし、現場付近にいた男が殺人未遂の現行犯で逮捕されました。


殺人未遂の現行犯で逮捕されたのは、自称札幌・西区のアルバイト従業員藤沢壮朗容疑者(22)。


藤沢容疑者は6日午後4時半ごろ、札幌市西区二十四軒の路上で外出先から帰宅してきた新聞配達員梅田勝さん(50)の背中を、「殺してやる」などど叫びながら包丁で複数回刺しました。


警察によりますと、2人は2年前まで親子関係だったということです。



藤沢容疑者は調べに対し「仲が悪かった、殺そうと思った」と話しているようです。


二人の間に何があったのか?


義理の親子であった時から関係が悪かったのでしょう。


実際、二人にどのような問題があったのかは警察が調べています。


もし虐待などの問題があったとしたら、こどもが成人した場合逆にやられる立場になることを親は忘れてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です