北斗市・寺内健太。偽ブランド品をインターネットで販売し逮捕

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

偽ブランド品の販売で無職の男が逮捕

 

インターネットを通じ、有名ブランドの偽物を販売したとして、北斗市久根別の無職・寺内健太容疑者(32)が商標法違反の疑いで逮捕されました。

警察の調べに対し、「偽物だとは知らなかった」と述べ、容疑を否認しているということです。


寺内容疑者は、去年からことしにかけて、札幌市や大阪府、それに広島県の男性3人に対し、有名ブランドの偽物を販売したとして商標法違反の疑いが持たれています。

警察が価格の安さに目を付ける


寺内容疑者はインターネットのサイトを通じ、アメリカの有名ブランドSupremeなどと偽って、スポーツ用品やヘアバンドなどあわせて3点を、およそ2万6000円で販売したとみられています。

 

 

この「Supreme」というブランドは、世界的に人気のブランドで韓国などでも偽物を激安価格で売っています。


警察が、有名ブランド品としては安い価格で販売されていることを不審に思い、捜査した結果、偽物であることが判明するとともに、寺内容疑者を割り出し、容疑が強まったとして5日、逮捕しました。

インターネットで中国から購入

 

警察の調べに対し、寺内容疑者は偽のブランド品はいずれもインターネットを通じて中国から購入したとして、「偽物だとは知らなかった」と述べ、容疑を否認しているということです。


警察は、寺内容疑者の自宅からハンドバッグやスマートフォンケースなどおよそ30点の有名ブランドの偽物を押収し、裏付け捜査を進めています。

これだけの商品を家に置いている自体がすでに偽物を販売する目的以外にはありえません。

 

おそらく今後の捜査で余罪も出てくるものと思われます。

偽物を買わされないためには

 

この「Supreme」というブランドは人気があり、偽物がよくネットで出回っている商品です。

 

わたしもネットで何回か偽物を買わされたので、ネットでAppleやブランド品を買うときには、レビューやその店の情報をネットで調べてから買います。

 

基本的に、本物の価格からかなり値段が下がっているのは偽物ですが、2割くらい下げて本物らしく売るこざかしい輩もいます。

 

ネットでの買い物で騙されても泣き寝入りすることがほとんどです。

 

できればネットでブランド品を買うときは、値段に騙されず、正規店か有名店で買うことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です