古沢剛「制服を汚したい」口に含んだドレッシングを女子高生に吹きかける。7年前はマヨネーズ。制服と調味料への異常な執着・北海道

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

7年前に女子高生にマヨネーズを塗りたくり「マヨネーズ男」として逮捕された男が、今度はドレッシングを口に含み女子高生に吹き付けました。

 

この男の制服と調味料に対する異常な執着はどこからきているのでしょう。

 

口に含んだドレッシングを女子高生に吹き付けた男が逮捕

 

口に含んだドレッシングを路上で女子高校生に吹きかけたとして逮捕された北海道江別市の男。

 

暴行の疑いで逮捕されたのは、古沢剛容疑者(39)です。

 

逮捕容疑は、先月11日午前8時ごろ江別市内の路上で歩いて登校していた女子高校生に後ろから近づき口に含んだ液体を制服の上着に吹きかけた疑いです。

 

動機は「制服を汚したい」

 

女子高生の上着に付着したDNAなどから古沢容疑者が浮上しました。

 

警察の調べに対し古沢容疑者は「出勤前に女子高校生を見つけて制服を汚したいと思った」と容疑を認めています。

 

成分分析の結果、吹きかけられた液体はドレッシングだったということです。

 

DNAから浮上ということは、前歴がある証拠です。

 

7年前はマヨネーズを女子高生にかけ逮捕

 

2012年8月24日に、北海道警札幌西署が当時札幌市中央区北6西25に在住していた介護士の古沢剛容疑者(32)を暴行の疑い逮捕したという報道があります。

 

年齢と犯行内容からいって同一人物だと思われます。

 

札幌・西署は24日、女子高生の制服にマヨネーズのようなものをかけたとして、札幌市中央区北6条西の介護士、古沢剛容疑者(32)を暴行の疑いで逮捕した。札幌市では3月以降、女子中高生を狙った同種の事件が12件続発していた。

西署によると、古沢容疑者は制服を汚したかったという趣旨の供述をしている。同市西区で22日、女子高生(17)が「制服のリボンを見せて」と男に声を掛けられ、断ると殴られた暴行事件も「自分がやった」と話しているという。

逮捕容疑は、6月18日朝、西区のJR発寒駅で女子高生(17)の制服にマヨネーズのようなものをかけた疑い。

日経新聞より引用

 

7年前には古沢容疑者は「マヨネーズ男」として騒がれていました。

 

 

古沢容疑者は、この頃からすでに変質的で暴力的な人間だったようです。

 

調味料を使うわけは

 

古沢容疑者は、前回はマヨネーズ、今回はドレッシングと調味料を犯行に使用しています。

 

ネットの情報をたどると、調味料を使用しているのは調味料ならDNA鑑定にひっかからないと思っていたためのようです。

 

しかし、今回のドレッシングでは見事にDNAが検出されています。

 

古沢容疑者の調味料と女子中高生の制服への異常な執着はホラーでしかありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です