吉本興業は反社以上?宮迫の会見がさらなるスキャンダルの引き金に

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

宮迫博之と田村亮が記者会見

 

反社会的勢力との闇営業問題できのう19日に吉本興業と契約解消となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、謹慎中だったロンドンブーツ1号2号・田村亮(47)が20日、都内で会見を開きました。

 

宮迫は、一部で報道されていた引退の可能性について否定しました。

 

宮迫は謹慎前に当初は会見で事情を釈明したいという意向を持っていましたが、吉本興業の岡本社長に『お前、テープ回してないやろなと。お前辞めて、1人で会見したらええわ。やってもええけど、ほんなら全員クビにするからなと。おれにはお前ら全員クビにする力がある』と言われたというのです。

 

 

 

 

これが本当ならさらなるスキャンダルです。

吉本興業の岡本社長からの圧力

 

そのため、宮迫はそれ以降何も言えなくなったとのことです。

それが6月24日。

 

宮迫は会見で吉本興業の岡本昭彦社長側からの圧力があったことを明らかにしました。

 

 

その後、会見もしないまま謹慎期間が過ぎていき、ワイドショーなどで報じられる芸人仲間のコメントを見るうちに「もう一度会社に、引退しても会見をさせてくれと言いました」と行動を起こしたと語っています。

 

7月8日には亮と岡本社長のもとに行き、『僕が全責任を負い、引退するので謝罪させてくれ』と岡本社長に嘆願したとのことです。

吉本社長が引退させないと明言

 

宮迫の嘆願に対して『引退させない。させるわけにはいかない』と岡本社長は語り、さらに『謝罪会見はさせてやる。その代わり、期間はこちらで。いつになるか明言できない』といったというのです。

 

そして会社の対応に不信感をもった宮迫と田村はそれぞれ自分たちに弁護士を付けることにしたそうです。

すべては吉本興業の指示?

 

当初、闇営業のギャラの額を把握していなかった宮迫は入江慎也にも金銭授受はなかったと説明するよう指示していたとのこと。

 

しかし報道で100万円のギャラがあったことを把握した宮迫は『それはもう会社に言わなあかんと、会社に行きました』と吉本に金銭の受け取りを報告。

 

その際の吉本の対応については『静観でいきましょうと言われました』と語り、その後いくら吉本に会見を開くようにいってもそのたび「静観でいきましょう」と言われたとのこと。

 

そして、謹慎発表。

吉本興業はいくらいっても会見はさせないと主張を曲げなかったそうです。

契約解消会見を開いた理由

 

そして2日前、ふたりの弁護士のところに、2人の引退会見、もしくは契約解消を選んでくださいという書面が突然送られてきたということです。

 

 

そのため、吉本興業との契約解消の道を選び、この日の会見をおこなったというのが今までの経緯だということです。

 

その後、記者から引退の可能性について聞かれ宮迫は否定。

 

 

ジャニーズでも事務所をやめたタレントをテレビ局が事務所への忖度で使わないというのは暗黙の了解です。

 

今回はバラエティー番組には欠かせない吉本興業をやめたタレントを、各テレビ局が使うかということです。

 

しかし、宮迫の語った内容が真実なら、さらなるスキャンダルに発展する可能性大です。

 

 

沖田臥龍氏が、サイゾーでさらに裏側を暴露するとツイートしています。

 

『闇営業第二幕』がはじまる予感がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です