【吉澤ひとみ被告】飲酒ひき逃げで求刑2年‼︎超ミニスカートで歩く姿も

吉澤ひとみ被告 飲酒ひき逃げ、法廷で謝罪 涙も・・・

 

飲酒運転でひき逃げしたとして起訴された元「モーニング娘。」のメンバー、吉澤ひとみ被告の初公判が開かれました。

 

元「モーニング娘。」のメンバー、吉澤ひとみ被告(33)は今年9月、東京・中野区で飲酒運転をして自転車の女性をひき逃げしたなどとして起訴されています。

 

29日の初公判で、吉澤被告は白いシャツにグレーのスーツ姿で現れ、弁護士に付き添われながら法廷に入りました。

 

証言台に立った吉澤被告は裁判官に名前を問われると、本名である「川前ひとみです」と答えました。

 

さらに、「職業は無職です」と答えています。

 

スポンサーリンク

起訴状の事実について認める

 

続いて、検察官が起訴状を示すと、吉澤被告は黙ってうなずきました。

 

裁判官が罪状認否で起訴内容を認め、その後、検察側が詳しい経緯を説明し、事故前日の午後8時から当日の午前0時くらいまでに自宅で焼酎や缶酎ハイを飲んだと指摘しました。

 

参照:TBSニュース

 

吉澤被告は被告人質問で、「お酒を控えるべきなのに、飲んでしまったことを後悔しています。被害者の方に本当に申し訳なく思います」などと、時折、涙混じりに話したということです。

 

吉澤被告に懲役2年を求刑

 

検察側は「犯行後に通報しているものの、時間も距離も離れているため過度に悪質だ」として、懲役2年を求刑しました。

 

懲役2年ということは、執行猶予が3年〜4年つくとは思われますが・・・。

 

しかし微妙なところです。

 

本人が本当に反省しているかというと、女性自身でスクープされたように、11月20日、都内にある高級デパートの食品売り場を耳元にピアスをいくつもつけて、太ももが露わになった超ミニスカートを着用して、コートを羽織りマスクに帽子といういでたちの吉澤被告が目撃されています。

 

保釈後は断酒治療のために東京郊外の心療内科専門病院に入院していましたが、すぐに退院。

 

ほとんどアル中に近いとされる吉澤被告に対して、短か過ぎて十分な治療が受けられていないとの専門家からの指摘もありました。

 

吉澤被告の逮捕後には、IT社長の夫の収入も激減しているということですが、今も家賃約50万円のセレブマンションに住み続けています。

 

法廷での涙が本物かどうかは、これからの吉澤被告を見ていくしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です