名古屋産業大学・現代ビジネス学部助教授「荒川真吾」が女子トイレで盗撮。顔画像特定。SNSと盗撮の理由は?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

名古屋産業大学の助教授が盗撮で逮捕

 

18日午後3時半ごろ、尾張旭市内の施設の女子トイレに侵入し、個室内の女性(40)を撮影しようと、ドアの上からカメラ付き携帯電話を差し入れたとして、荒川真吾容疑者(29)が逮捕されました。

 

女子トイレの個室内を盗撮しようとしたとして、名古屋・守山署は19日、県迷惑防止条例違反(卑わいな行為)などの疑いで、名古屋産業大(尾張旭市)助教で、名古屋市瑞穂区軍水町1の荒川真吾容疑者(29)を逮捕した。
 逮捕容疑では、18日午後3時半ごろ、尾張旭市内の施設の女子トイレに侵入し、個室内の女性(40)を撮影しようと、ドアの上からカメラ付き携帯電話を差し入れたとされる。
 署によると、容疑を認めている。女性がカメラ付き携帯電話に気づき、通報を受けた署員が目撃情報に似た荒川容疑者を施設内で見つけた。

中日新聞から引用

 

荒川真吾は現代ビジネス学部の助教授

 

荒川容疑者についての情報は、名古屋産業大学のHPからすでに削除されています。

 

しかし、名古屋産業大学の垢で荒川容疑者の画像がかろうじて残っていました。

 

参照:名古屋産業大学HP

 

現代ビジネス学部の助教授です。

 

スポーツ系の学部のようです。

 

参照:名古屋産業大学フェイスブック

 

スポーツをしているようで身体がガッチリしています。

 

荒川容疑者のSNSは

 

荒川容疑者のSNSは見つかりませんでした。

 

やっていないのか削除したものと思われます。

 

なぜ盗撮したのか

 

現在、大学の助教授でこれから教授を目指している荒川容疑者がなぜ盗撮に走ったのか・・・。

 

おそらく、かたい職業にありがちなスリルと背徳感を求めたものと思われます。

 

しかし、いくら身体を鍛えて健康でも「健全な精神」が伴っていなければ、このような残念な結果になってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です