大阪府課長「橋本貴仁」中3の少女に2万円を渡しわいせつな行為で逮捕。顔画像公開。吉村知事は陳謝

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

大阪府の男性職員が未成年へのわいせつな行為で逮捕

 

大阪府の52歳の課長が、中学3年の女子生徒に現金を渡してわいせつな行為をした疑いで逮捕されました。

 

参照:NHKニュース

 

児童買春児童ポルノ処罰法違反の疑いで逮捕されたのは、大阪府府民文化部文化課長の橋本貴仁容疑者(52)です。

橋本容疑者はことし1月、大阪市内のホテルで、18歳未満と知りながら、当時中学3年の女子生徒(当時15)に2万円を渡し、わいせつな行為をした疑いがもたれています。

女子生徒の保護者からの相談を受けて、警察がSNSでのやり取りの履歴を捜査したところ、橋本容疑者が浮上したということです。

警察の調べに対し、橋本容疑者は女子生徒に金を渡したことは認めていますが、「1月ごろ、ホテルで女の子に会いましたが、わいせつ行為はしていません」と容疑を否認しています。

関西テレビから引用

 

2万円渡したこととホテルに行ったことは否認していませんから、わいせつな行為をしていなくても刑事処分になると思われます。

 

橋本貴仁容疑者の顔画像と経歴

 

橋本容疑者の顔画像はMBSニュースで公開されています。

 

参照:MBSニュース

 

橋本容疑者の経歴は

 

・52歳

・1993年入庁

・昨年4月から文化課長を務め「ワッハ上方」の愛称で知られる大阪府立上方演芸資料館の運営や、文化事業者への顕彰の業務に携わってきた

・今月8日まで通常通り勤務

 

普通に8日まで勤務していたということは、罪の意識がないか常習犯の疑いもあります。

 

吉村大阪府知事も陳謝

 

大阪府の吉村洋文知事は9日、橋本容疑者の逮捕を受け「事実だとしたら許されざる行為だ。府民の皆さんにおわび申し上げたい」と陳謝しました。

 

同時に「われわれとしてもできる限りの事実調査はした上で、適切な時期に、一定の事実認定ができる状況になれば厳正に対処したい」と府庁で記者団に答えました。

 

新型コロナ対策で、注目を浴びた大阪府だけにイメージダウンは避けられません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です