奈良県川西町の総務課長が盗撮で逮捕。酒に酔ってのタダの悪ふざけか?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

奈良県川西町の総務課長が盗撮で逮捕されるという事件がありました。

 

しかし、この事件ビミョーに冤罪の気配がします。

奈良県川西町の総務課長が盗撮で逮捕

 

奈良県橿原市の近鉄の駅のホームで、女子中学生のショートパンツの下にスマートフォンを差し入れたとして、奈良県川西町の総務課長・石田知孝容疑者(53)が奈良県の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されました。


警察の調べに対し、石田容疑は容疑を否認しています。

酔って女子中学生のショートパンツの下にスマホ

 

石田容疑者は、18日午後10時すぎ、近鉄大和八木駅のホームで、電車を待っていた15歳の女子中学生のショートパンツの下にスマートフォンを差し入れたとして、奈良県の迷惑防止条例違反の疑いが持たれています。


石田総務課長が中学生の後ろにしゃがみ込み、かかとの近くでスマートフォンのカメラを上向きにして持っているのに別の乗客が気づき、通報を受けた駅員が取り押さえたということです。

身に覚えが無いと容疑を否認

 

石田容疑者は当時、飲酒しており複数の知人と一緒でした。

 

警察の調べに対し、「身に覚えがない」と供述し、容疑を否認しているということです。


これまでのところスマートフォンからは女性を撮影した写真などは見つかっていないということで、警察が当時の詳しい状況を調べています。

盗撮のいたずらの可能性も

 

石田容疑者のスマホに画像が残っていなかったということは、酔っ払って盗撮をするフリをいたずらで行った可能性があります。

 

盗撮をするような行動は複数の人間は見ていますが、当然のことながら写しているかどうかまでは分からないでしょう。

 

酔っ払ったオヤジの悪ふざけか

 

この盗撮事件。

 

よく、酔っ払ったオヤジがする「悪ふざけ」かもしれません。

 

しかし、実際に写していなくても、無罪放免ということは無理でしょう。

 

どちらにしても、市の処分はまぬがれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です