布団で寝るか、ベッドで寝るか?口論で男が交際女性を殴り逮捕・紋別市

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

無職の49歳の男が逮捕

 

北海道紋別市の住宅で交際中の30代の女性の頭を殴り切り傷を負わせたとして、無職の49歳の男が逮捕されました。

 

傷害の現行犯で逮捕されたのは、札幌市西区の無職の49歳の男です。

 

男は2019年7月8日午後10時ごろ、紋別市の実家で交際している30代の女性の頭を複数回殴り、切り傷を負わせました。

喧嘩の原因は布団で寝るかベットで寝るか?

 

この男の暴力の原因が実家で、ベッドで寝るか布団で寝るかでの口論。

 

 

騒ぎに気付いた男の両親が救急車を呼び、事件が発覚しました。

女性は札幌市内住んでおり、2人は結婚を考えるような関係とのこと。

 

この日は数年ぶりに男の実家を一緒に訪れ、布団で寝るのか、ベッドで寝るのかで口論となったということです。

 

男が49歳の無職で結婚を考える仲というのもどうかと思いますが、このくらいのことで暴力をふるっているとなると札幌で2人でいるときもDVがあった可能性があります。

ベッド派と布団派

 

布団で寝ているか、ベッドで寝ているか、どちらが多いでしょうか?

調べてみると、半数以上がベッド派だそうです。

 

 

年代別にみると、男性は年代が上がるにつれて「布団」が増えますが、女性70代は「ベッド」の割合が高くなっています。



女性高齢者は膝・腰などの痛みを訴える人が多いことや、布団の上げ下ろしが大変なことから、負担の少ないベッドが選ばれているようです。

 

私もベッド派で、たまに布団で寝ると朝起きたときに全身筋肉痛になっています。

ひとそれぞれ寝るときは自分の慣れているもので寝たいものです。

 

だからといって、今回のような暴力沙汰にまで発展するとは・・・。

 

 

あまりに幼稚で暴力的な男だと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です