怪奇『刃物女』市立常盤松中学校の踊り場でうずくまる女に声をかけるといきなり切りつける。対抗アイテムは鏡か

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

 

中学校の外階段の踊り場で、うずくまっていた女性に教諭が声をかけました。

 

すると女性は刃物を振りかざし、科学室に侵入しさらに襲いかかったということです。

 

中学校に女が侵入

 

14日朝、千葉県流山市東初石3の市立常盤松中学校に女が侵入し、20代の男性教諭に刃物のようなものを振りかざして逃走しました。

 

参照:FNNニュース

 

教諭にけがはなく、県警流山署は暴行と建造物侵入の容疑で女の行方を追っています。

 

外階段の踊り場の女が突然立ち上がり刃物で切りつける

 

た 同署によると、同日午前6時45分ごろ、教諭が校内の化学室で授業の準備中、外階段の踊り場に女がうずくまっているのを見つけ声をかけたところ、化学室に押し入り、刃物のようなもので切りつけてきたということです。

 

 

参照:FNNニュース

 

この女は、教諭が近くにあった鏡を投げつけると逃走しました。

 

恐怖以外の何ものでもありません。

 

女の特徴は

 

・女は20代くらい

・身長150~160センチ

・黒のジャケット

・青のズボン

・黒のリュックサックを身につけていたということです。

 

格好は普通の20代の女性です。

 

狂っているのか、それとも・・・

 

この女、狂っているのかそれとも学校に恨みを持っているのか。

 

まさか、妖怪「刃物女」ではないでしょう(笑)

 

それなら、対抗手段は鏡を投げつけることだと思うので、外出時には鏡を持ち歩いた方がいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です