損保ジャパンOBが読み解く。今回の4000人リストラの背景

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

損保ジャパンが4000人リストラ

 

先日損保ジャパンが従業員の約15%、実に4000人を2020年度末までに配置転換するこというニュースが流れました。

 

 

【損保ジャパン日本興亜】2020年末をめどに4000人リストラ


損保ジャパンのリストラは、ざっくりいうとITを駆使した業務の効率化を推進することで2017年度比4000人の人員削減を進め、余った従業員を介護などを手がけるグループ企業に配置転換し、新規採用を抑えるというもの。


希望退職者の募集は予定しておらず、人件費などを年間約100億円圧縮できるとしています。


社員1人あたり年収250万円を引き下げ?

 

 


4000人を削減した結果、人件費などが約100億円圧縮されるとした損保ジャパン。

言い換えれば配置転換で整理の対象となる社員は単純計算で1人あたり250万円の年収ダウンとなることを意味すると、『BUZZZAP』が報じています。

 

また、同社は希望退職者の募集を予定していないため、もしこの配置転換に納得できない場合は自己都合退職に。

つまり一般的な希望退職制度で用いられる「割増退職金」を負担しなくて済むわけです。

と記事にしています。


この記事は大丈夫か?

 


BUZZAPの記事によるとこのリストラは「錬金術」とのこと。


4000人を削減した結果、人件費などが約100億円圧縮される損保ジャパン。言い換えれば配置転換で整理の対象となる社員は単純計算で1人あたり250万円の年収ダウンとなることを意味します。

また、同社は希望退職者の募集を予定していないため、もしこの配置転換に納得できない場合は自己都合退職に。つまり一般的な希望退職制度で用いられる「割増退職金」を負担しなくて済むわけです。

業種や会社の規模によって異なるものの、大手メーカーで1人あたり1000万円前後とも言われる割増退職金。生保・損保大手であればさほど変わらないものと考えられます。

つまりもし割増退職金を1人1000万円とすれば、実に400億円もの「節約」に成功し、さらに毎年100億円の費用圧縮を図ることができるわけです。

BUAZAPから引用

 

配置転換先はワタミから買収したSOMPOケア。


この記事を書いた人物はあまり情報を収集していないようです。

実際の損保ジャパンの早期退職の退職金は

 

退職金の割増が1000万円とは・・・。

 

私が損保ジャパン日本興亜に勤務していた際、支店長クラスで割増退職金を含め最初の希望退職時の提示額は8000万円。


次に5000万円


応じなければ降格でした。

 

 

課長職も最終的に4000万円〜5000万円くらいです。

 

要はこの4000人のリストラが一体誰に対して行われるのかが問題です。


女性社員の給与が男性社員に比べ極端に低い損保ジャパン。

20年働いた女性社員でも、年収は400万円前後のはずです。
さらにいえば、女性の派遣から格上げになった社員の給与は200万円前後。

250万円も平均で下げれるはずがありません。

 

おそらく、今回のリストラ対象は、20代〜60代にかけての使えない男性社員でしょう。

私は3年前に損保ジャパンを割増退職金をもらって退職

 

私は3年前に損保ジャパンを早期退職しましたが、それでも2回目の早期退職金の提示額より500万円減らされました。

 

この時には、全員に早期退職の退職金について計算された用紙を見せられました。

(すぐに回収)

 

それに介護職に配置転換(出向)させても、損保ジャパン(日本興亜)としては、急激に給与は落とせません。

おそらく、介護職に出向させても給与水準は損保時代と転籍するまであまり変わらず、ただその分他の介護職以上に働くという現実に社員が耐えられるかです。


早期退職するときにこの事態は読めていた

 

私は早期退職の勧告を受けた訳ではなく、退職金の計算と占いで退職しました。

 

おそらく、ワタミから介護事業を買い取った時点である程度の年齢で介護または運送関係に配置換えになると予想していたのも要因です。

 

その時は損保ジャパンの社員は「介護に出向などあるはずないですよ」と笑っていましたが、やはり現実のものとなりました。

 

 

他の介護職の5倍働かなければならない損保ジャパンの社員たち

 

今まで支店長、部長、課長だった人間が、介護職で他の介護職の人間以上に働くのは無理だと思われます。

 

 

そして4000人すべてが辞めてくれれば、上乗せの退職金だけで3000万円✖️4000人で1200億円は払わなくてよくなります。
(当時20代の社員は1000万円だけ上乗せでしたが)

 

そして全員が損保ジャパンを辞めれば、平均1000万円以上は男性の役職者は給与をもらっていますから100億円どころか400億円の給与の圧縮になります。

 

私は当時の損保ジャパンの課長に、女性社員が100件持っている案件を今後給与に比例して500件持ってもらうといわれ不可能だといったことがあります。

 

しかし、それがそ損保ジャパン流とのことでした。

損保ジャパン流のやり方

 

この課長は現在も損保ジャパンに残っていますから、おそらく他の介護職の5倍以上は担当を持って働くのでしょう。

どうしても、SOMPOケアに残って介護の職を続けるつもりであれば、損保ジャパン流にいうと他の職員の5倍の担当を持つことになります。

 

それでも、やめれば退職金も微々たるもので次の職を探すのは「自己都合退職」になりますからかなり大変です。

 

さらにいえば、このリストラを見せしめにして他の社員を退職させようという意図もあるのかもしれません。

それだけ、現在損保ジャパンは経営的に追い込まれているのだと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です