新宿歌舞伎町のホテルで女児を産み落とし立ち去る。20代の女を捜索中

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

新宿歌舞伎町のホテルの一室で、20代の女が赤ちゃんを産んで立ち去りました。

 

赤ちゃんは女の子で、ホテルのシーツにくるまれ放置されていました。

 

ホテルでシーツにくるまれた赤ちゃんが発見される

 

22日午後、東京・歌舞伎町のホテルで、シーツにくるまれた生後まもない赤ちゃんが見つかりました。

 

参照:TBSニュース

 

赤ちゃんは、部屋で産み落とされたとみられています。

 

22日午後5時すぎ、新宿歌舞伎町のホテルの部屋で、シーツにくるまれた生後まもない女の赤ちゃんが放置されているのを掃除に入った従業員が見つけ、ホテルが110番通報しました。

 

ホテルで産み落として逃走

 

警察官が110番通報を受けてホテルに駆けつけたところ、部屋の中で、生後まもない女の赤ちゃんがシーツにくるまれた状態で見つかりました。

 

部屋の状況などから、赤ちゃんは半日以内の間にその場で生まれたとみられています。

 

赤ちゃんは女の子で、呼吸をしていて、救急車で病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。

 

母親はホテルから立ち去る

 

ホテルの防犯カメラには、母親とみられる女が部屋から出て行く姿が写っていたということです。

 

警察では、女がホテルの部屋で出産した後、赤ちゃんを残して立ち去ったとみて調べています。

 

現場となったホテルは、JR新宿駅から500メートルほど離れた歌舞伎町の繁華街にあります。

 

立ち去った20代の女を捜索

 

ホテルの客室には20代くらいの女が21日に入室して1泊し、22日午後3時頃にチェックアウトしたということです。

 

その後、発見される午後5時まで2時間。

 

よく生まれたばかりの赤ちゃんを放置できたと思います。

 

ホテルで赤ちゃんを産んでそのまま立ち去るというなんとも無責任な親です。

 

ホテルの防犯カメラなどの映像から、逮捕には時間がかからないと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です