日高で特殊詐欺 40代男性2700万円サギられる。一番の対処法は?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。


日高管内で2700万円の特殊詐欺


日高管内に住む男性がインターネットの有料サイトの料金が支払われていないというウソの話でおよそ2700万円をだまし取られました。


日高管内に住む40代の男性は、先月5日、有料サイトの関係者を名乗る男から携帯電話で、


「有料サイトの未納料金がある」と催促を受けました。


また、弁護士を名乗る男から「このまま放置すれば裁判になる」「取り下げ費用が必要だ」などと電話で言われ、話を信じた男性は指定された口座に8回にわたってあわせておよそ2700万円を振り込み、だまし取られました


この役割を変えて人が変わるというのが特殊詐欺のうまいところです。


この手口、かなり昔からありますがやはり騙される人はいまでも騙されますね。


私の身近で、この「サイト閲覧」詐欺の電話番号に実際に電話をした奥さんがいて、丁重に「大丈夫です」と断られたそうです。


あまりの丁寧さに詐欺にしては・・・と思ったそうですが、明らかに詐欺です。


こういう詐欺の場合、女性に電話してもらうのがいいかもしれません。


しかし、2700万円とは・・あるところにはありますね。


40代でも騙される特殊詐欺。


騙されないようにしようとしても、相手はプロですから難しいのが現状です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です