旭川市の会社員「竹澤晋」(39)「木下智貴」(36)「鬼滅の刃」のキャラクターグッズを複製・販売し逮捕。顔画像特定。2人が勤務する会社はどこ?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

「鬼滅の刃」のキャラクターグッズを見弾販売した男2人が逮捕

 

「鬼滅の刃」のキャラクターグッズを無断で複製・販売したとして、旭川市の男2人が著作権法違反などの疑いで逮捕されました。



逮捕されたのは、旭川市に住む会社員の竹澤晋容疑者(39)と木下智貴容疑者(36)です。

 

参照:STVニュース

 

人気アニメ「鬼滅の刃」のキャラクターを無断で複製したキーホルダーなどを販売したとして、男2人が逮捕・送検されました。男らはすでに、900点以上を販売していたとみられています。

人気アニメ「鬼滅の刃」の主人公が描かれたキーホルダーなどが数多くならんでいます。逮捕・送検された北海道旭川市の竹沢晋容疑者と木下智貴容疑者は、ことし2月から6月ごろまでのあいだ「鬼滅の刃」のキャラクターを無断で複製したグッズを販売するなどして、著作権と商標権を侵害した疑いが持たれています。警察は2人の認否を明らかにしていませんが、ネット上で900点以上を販売していたとみられています。押収した1000点以上の複製品についても入手先を追及しています。

STVニュースから引用

 

すごい量の偽物はどこから

 

『鬼滅の刃」の膨大なキャラクターのキーホルダーや、漫画のタイトルをあしらったペンケース。

 

参照:STVニュース

 

いったいこれらはどこで作ったものなのでしょう。

 

旭川で作ればすぐバレるはずです。

 

著作権と商標権はアニプレックスと集英社

 

「鬼滅の刃」の著作権を持つのはアニプレックス(東京)

 

集英社(東京)が商標権を持っています。

 

これらを勝手に複製し、売ってはいけません。

 

竹沢容疑者と木下容疑者のSNSは

 

竹沢容疑者と木下容疑者のFacebook、Twitter、インスタグラムで該当するものはありません。

 

SNSが判明すれば、2人の勤務する会社もわかると思いましたが、結局分かりませんでした。

 

これだけの商品を2人で手作りというわけにはいかないでしょうから、どこからか仕入れていたものと思われます。

 

「鬼滅の刃」のキャラクターを複製し、騙されて購入した人は全国に多数いるようです。