【暴走老人】通り魔の正体は71歳の男性‼︎酒を飲む金欲しさの犯行か⁉︎

今回の事件の要点をざっくりいうと

  • 今月11日、横浜市の商店街で会社員の女性が刃物で刺され重傷を負った事件で、警察は近くに住む71歳の無職の男を逮捕しました。
  • 強盗殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、横浜市神奈川区に住む無職・近江良兼容疑者(71)です。
  • 現場の近くに住む会社員の弘瀬亜結さん(34)の背中や腹などを刃物で突き刺して殺害し、金品を奪おうとした疑いがもたれています。

通り魔は71歳の足の悪い老人

 

11日に神奈川県横浜市で34歳の女性が見知らぬ男に刺され重傷を負った事件で、神奈川県警は12日夜、横浜市在住の近江良兼容疑者(71)を強盗殺人未遂の疑いで逮捕しました。

 

参照:FNNニュース

 

警察は近くの防犯カメラに、つえをついて歩く男が女性に近づく姿が映っていて、その映像によく似た近江容疑者に、12日午前から事情を聴取していたということです。

 

12日夜、逮捕された近江容疑者は、事件が起きた横浜市の商店街から約700メートル、徒歩10分ほどのところに住んでいて、警察の調べに対し、「事実に間違いありません」と容疑を認めたということです。

 

取り調べに対し、近江容疑者は「金を取る目的でやった」と供述しています。

 

スポンサーリンク

近江容疑者は酒癖が悪いと評判

 

近所の人は、近江容疑者は妻と2人暮らしで、普段はおとなしい人柄でしたが、酒癖が悪かったと語っています。

 

事件当日、お酒を飲んでいたかは現在不明です。

 

人気のない商店街で、近江容疑者はすれ違いざまに女性を背後から一度刺し、道路の反対側まで逃げた女性を数十メートル追いかけ、さらに刃物で腹部などを数カ所刺していたことが判明しました。

 

そして、近江容疑者は、女性が倒れると、その場から何もとらずに逃走したということです。

 

お酒を飲んでいたとすると、これほどの行動はできないのではないかと推測されます。

 

近江容疑者は、5年くらい前に脳梗塞で入院して、退院したあとからずっと杖をついていると近所の住民が語っています。

 

杖をついていても、人を刺して追いかけるとはかなりの老人です。

 

酒を飲むお金に困っていた近江容疑者

 

NNNドットコムで、近所の人の話を取材してます。

 

「近江容疑者は最近は金に困っていて、釣り銭の出るところに手を入れているところを見た」と語っています。

 

 

参照:JNNニュース

 

TBSでは知人にインタビューをして、度々お酒を飲む金を知人に借りていたと報じています。

 

知人への取材で近江容疑者は酒を飲むための金を頻繁に借りていたことが分かりました。

「酒を飲むたびにお金を貸してくれってくる。借りてまで飲みたいというやつなの」(容疑者を知る人)

「飲み方がだんだん汚くなるの。酔っ払っちゃって、うちにも帰れない」(容疑者を知る人)

TBSニュースから引用

 

近江容疑者は、午前3時半頃には、大口通商店街に人が通らないことを知っていたはずです。

 

おそらく、近江容疑者がこの商店街で犯行に及んだ理由は、ここにあるコンビニ(かなりの数のコンビニがあります)には誰かが来ることを知っていて、そこに来る自分より弱い女性や子供を狙った可能性があります。

 

近江容疑者は、以前は葬儀関係の仕事をしていたという情報もありますが、自営業であれば年金をあまりもらっていない可能性もあります。

 

その年金も、お酒で使ってしまったのか、妻に内緒の借金があったのか。

 

しかし、金品を奪うだけにしては、執拗に被害者の女性を殺そうとしています。

 

この時、近江容疑者は、世間で言われている「暴走老人」と化していたのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です