更衣室に侵入し女子生徒の下着を触った中学教諭。理由は説明できない?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

更衣室で生徒の下着を触る

 

千葉県教委は17日、校内の女子更衣室に侵入して生徒の下着を触ったとして、船橋市立中学校の男性教諭(31)を停職6カ月の懲戒処分にしました。

教諭は同日付で依願退職したということです。

 

教職員課によると、男性教諭は今月2日午前9時15~25分ごろ、女子更衣室に無断で入り、水泳の授業中だった2年生の女子生徒数人の下着を見たり触ったりしました。

教諭が更衣室から出てきたところを目撃

 

この教諭が更衣室から出てくるのを、授業から戻ってきた生徒らが目撃し、下着に触られた形跡があったため、ほかの教員に相談して発覚しました。

 

男性教諭は「以前から女子生徒の下着を見てみたいと思っていた。なぜやってしまったかは説明できない。気持ち悪い思いをさせて申し訳ない」と話しているということです。

 

 

県教委は教諭による同様の行為はこの日だけとしていますが、警察を介入させていないのによく分かったと思います。

 

この教諭から、ただ聞き取っただけなのではないでしょうか。

ピント外れな対策

 

性犯罪の再犯率はとても高いのは周知の事実。

懲戒免職ではなく、停職6ヶ月という処分にもネット上では疑問の声があがっています。

 

また、今後の対策として施錠の管理をしっかりするというピント外れな対策が出されています。

この教諭の将来を考えてか実名を公表せず、警察にも届けていないというのはいただけません。

 

次にまた犠牲になる女性が出たら、どう責任を取るつもりなのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です