札幌出没のクマをついに駆除‼︎体長1.5mのメスのヒグマ。

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

ついにヒグマを駆除

 

ついに、14日午前6時ごろ、札幌市南区藤野6の山林にいたクマ1頭を、北海道猟友会札幌支部のハンターが猟銃で駆除しました。

 

札幌市によると、市が銃でクマを駆除したのは2013年以来6年ぶり。

駆除したクマはメスで、体長約1・5メートル。

 

市では、今月上旬から出没していたクマと同じ個体と確認しました。

 

わなでは捕獲できず射殺

 

このクマは、今月上旬から南区藤野や簾舞地区の住宅街に頻繁に出没。

 

南区では8月に入り、12日までに目撃情報が計22件に及んでいました。

南区の住宅地にも相次いで出没したことから、市では10日に藤野地区に箱わなを2台設置。

 

しかし、12日になってもわなでは捕獲できず、住宅地の庭でトウモロコシを食べるなどしたため、市は住民への危険性が高まったと判断し、猟銃による駆除に踏み切ったものです。

 

このクマ、かなり頭が良く人間を恐れません。

 

やはり「わな」ごときではどうしようもなかったものと思われます。

少しかわいそうな気がしますが、相手はヒグマ。

 

いつ野生にかえってひとを襲うか分かりません。

 

もうすぐ、小学校もはじまります。

ギリギリのところで駆除できてよかったです。

札幌に11日連続でクマ出没。ハンターがクマを駆除できない理由 札幌の住宅街に2mのヒグマ。緊張の日々が続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です