東京オリンピック。マラソン開催地の「札幌」変更をIOCが検討。札幌市民は大喜びだが

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

2020年開催の東京オリンピック、パラリンピックで突然、IOCからマラソンの開催地を札幌に変更する案が提案されました。

 

札幌市民は大喜びですが、そう簡単に開催地変更とはいかないようです。

東京オリンピックのマラソン開催地を札幌に変更か

 

IOC=国際オリンピック委員会は16日に2020年、東京オリンピックのマラソンの開催地を東京から札幌へ変更することを検討すると発表しました。


 
IOCの声明文によりますと、東京オリンピックのマラソンと競歩競技をめぐっては、開催期間中の猛暑が懸念されていて、開催地変更の理由として『東京よりも、札幌の方が、気温が「より低い」から』としています。

 

当たり前のことですが、札幌は夏でも涼しいです。

 

ドーハでの世界選手権が影響か

 

東京五輪のマラソンは女子が8月2日、男子が同9日に行われる予定です。

 

当初の計画では午前7時半にスタートする予定でしたが、暑さを考慮して昨年7月、午前7時に変更。

 

その後、さらに午前6時に繰り上げることが決まっていました。

 

新国立競技場を発着し、浅草寺、銀座、皇居などを巡るコース。

 

競歩も早朝開催で、皇居周辺を周回するコースでした。

 

しかし、先月下旬から今月上旬にかけてドーハで開催された世界選手権では、暑さ対策でマラソンを真夜中に行ったにもかかわらず、気温30度超、湿度70%以上の環境で棄権者が続出。

 

昼間にやっていたら死者が出ていたと選手やコーチから批判の声が上がり、IOCは危機感を強めていました。

 

この気温と湿度は、夏の東京とあまり変わりません。

 

東京オリンピック開催期間は「真夏」

 

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催期間は

 

『2020年7月24日 – 2020年8月9日』

 

日本でいうところの真夏です。

 

東京のこの時期の気温「31° / 24°」。

札幌「26° / 18°」。

 

だいたい5℃から6℃違います。

 

湿度も低い札幌では、毎年8月下旬に北海道マラソンが開催されています。

 

 

北海道では大歓迎だが

 

この報道を受けて札幌市長など協力のコメントを出しています。

 

わたしも、札幌市民としてオリンピックの花形種目であるマラソンが札幌で開催されれば嬉しいことですが、陸上関係者からは準備不足、不可能との声も出ています。

 

IOCは30日から都内で、東京都や関係機関と協議し、今回の開催地変更について、話し合う予定としているのでこちらは見守るしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です