泉谷英明・大阪府職員を大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕。パチンコ店の駐車場で使用中か

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

大阪府の職員がパチンコ店の駐車場で大麻を所持していたということで現行犯逮捕されました。

 

警察官が職務質問をして発覚。

 

かなり怪しかった様子です。

大阪府職員が大麻所持で逮捕

 

大麻を所持したとして、大阪府警和泉署は3日、府西大阪治水事務所職員、泉谷英明容疑者(56)ー和泉市伯太町ーを大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕しました。

 

一緒にいた50代の友人の男も逮捕されています。

 

泉谷容疑者は「自分で吸うために所持していた」と容疑を認めているということです。

 

職務質問で大麻の所持が発覚

 

逮捕容疑は2日午後5時ごろ、和泉市内のパチンコ店の駐車場に止めた車内でポリ袋に入った乾燥大麻1袋を所持したとしています。

 

和泉署によりますと、車上狙いを警戒していた警察官が、駐車場の車内で顔色が悪い泉谷容疑者と友人の50代の男を発見。

 

職務質問をして所持品を確認したところ、泉谷容疑者のポーチの中にあったたばこの箱から乾燥大麻が見つかったということです。

 

顔色が悪かったということは、車内で使用していたと考えられます。

 

大阪府西大阪治水事務所とは

 

西大阪治水事務所の住所は「大阪府大阪市西区江之子島2丁目1−64」

 

大阪府のHPによると、「大型台風による高潮に備えて、防潮施設の整備を、地震による浸水に備えて、護岸の補強を行っている」とされています。

 

河川巡視以外にも、夜間パトロールや、船舶パトロールの実施により不法投棄や不法行為の防止もしているようです。

 

大阪府の職員が大麻所持とは。

 

懲戒免職は免れないところでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です