消防署員が同僚のレントゲン写真を隠し撮り。さらに職場の同僚7人に送信・茨城県

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

茨城県取手市の消防署員が、同僚のレントゲン写真を無断で同僚7人に送信していたことが判明しました。

 

この消防署員にとっては単なるいたずらだったのでしょうが、明らかな個人情報の漏洩です。

 

スマホでレントゲン写真を隠し撮り

 

茨城県取手市消防本部の40代男性消防司令補が9月、骨折して市内の病院で診察を受けた40代男性消防士長のレントゲン写真を病院や本人の許可を受けずにスマートフォンで撮影し、同僚の消防職員らに送信していたことが2日判明しました。

 

どのようにレントゲン写真を手に入れたのでしょう。

 

研修の一環として診察に立ち会う

 

消防司令補は同病院で救急救命士の研修をしていた9月26日、自宅の屋根から転落して来院した顔見知りの消防士長と出会い、診察室で医師や看護師が消防士長のX線写真を見て診断している後ろから、スマートフォンの望遠カメラで隠し撮りしました。

 

診察室には研修の一環として立ち合っていたということです。

 

消防司令浦が同僚に送信

 

消防司令補は持ち出した画像データ1枚を、自分が勤務する消防署の同僚7人に送信しました。

 

10月9日に退院した消防士長が、同僚から「お前のX線をみんなが見ているぞ」と聞き、市の人事課に相談。

 

市などの調べに対し、消防司令補は「症例が珍しい事案だったので今後の勉強のために撮った」と話しているということです。

 

明らかな個人情報保護条例違反

 

消防司令補と消防士長は別の消防署勤務で、消防司令補は消防士長に謝罪したということです。

 

レントゲンの画像は個人情報です。

 

たかがレントゲン写真と思ったのでしょうが、レントゲン写真と誰のものかが分かりますから明らかな個人情報の漏洩です。

 

また、他人のレントゲンを隠し撮りしていますから、これもいわゆる犯罪行為です。

 

おそらく、単なるいたずらだったのでしょうがこの消防司令補の処分は免れないところだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です