無職の男が酔って突然ホームレス男性を殴りケガをさせる・札幌

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

無職の男がホームレスを殴る

 

北海道札幌市のJR札幌駅前で、ホームレスの自称67歳の男性の顔を殴ってケガを負わせたとして、札幌市内の無職の39歳の男が逮捕されました。

傷害の現行犯で逮捕されたのは、札幌市北区の無職の39歳の男です。

 

 

この男は2019年7月8日午後8時30分ごろ、JR札幌駅に隣接する通称「アピアドーム」の中で、ホームレスの自称67歳の男性の顔を2回殴り、口の中を切る軽傷を負わせました。

アピアドームで座っていただけのホームレスが殴られる

 

ホームレスの男性が「アピアドーム」の中で座っていたところ、近くを通りかかった男が突然殴りかかったということです。

 

 

 

アピアドームは札幌駅前にあるガラス張りのドームです。

 

札幌市民も観光客もここで、休憩をとったり休みます。

ここに座っていただけで殴られたホームレスの男性もたまったものではありません。

 

自分より立場の弱い人間に能力をふるった無職の男

 

この犯行を目撃した人が警察に通報し、事件が発覚しました。

 

無職の男は泥酔していて、警察の調べに対し「酔っていて覚えていない」と話しているということです。

 

無職の男が、自分よりも立場の弱いものに暴力を振るうというなんともやりきれない事件です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です