益田広人・横浜市消防局職員が下半身露出で逮捕。8年前にも同様の犯行で逮捕歴あり

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

消防署の職員が下半身を露出したとして逮捕されました。

 

この職員は、以前にも同様の犯罪で逮捕されていました。

 

街中で下半身を露出した消防署職員を逮捕

 

街中で下半身を露出したとして、神奈川県警伊勢佐木署は3日、公然わいせつの疑いで、横浜市消防局職員、益田広人容疑者(59)を逮捕しました。

 

益田容疑者は「正直、陰部を出した覚えはありません」と容疑を否認しています。

 

逮捕容疑は2日午後10時40分ごろ、同区長者町の歩道上で下半身を露出したとされています。

通行人の女性が通報

 

益田容疑者はズボンをはいたまま、何らかの形で下半身を露出させていました。

 

通行人の女性が益田容疑者とすれ違う際、違和感を覚えながらその場を通り過ぎたところ、益田容疑者が近づいてきて下半身を見せてきたため、110番通報したということです。

 

警察が駆けつけたときには犯行を終えており、周辺捜査で当時の状況を確認したということです。

2011年にも下半身露出で逮捕

 

2011.10.19 のニュースで、


神奈川県警港北署などは19日、公然わいせつ容疑で、神奈川消防署片倉消防出張所所長、益田広人容疑者(51)を逮捕したとあります。

 

この時は、消防署の出張所の所長をしていたようです。

 

益田容疑者は「ストレス解消のためにやった」と容疑を認めています。

 

益田容疑者は19日午後1時5分ごろ、同区菊名の路上に駐車していた軽乗用車内から、通行人の30代女性に、露出した自身の下半身を見せたとされています。

 

この時も、神奈川消防署の署長が「市民の皆様の信頼を裏切り、誠に申し訳ありません。事実関係を確認し、厳正に対処したい」とコメントしています。

 

処分が軽かった神奈川消防署

 

1回目の逮捕時の益田容疑者に対する処罰がどのようなものかは不明ですが、懲戒免職や諭旨退職にはなっていなかったようです。

 

その一歩手前か、出勤停止くらいで済んでいたのかもしれません。

 

益田容疑者の下半身露出が、ストレスからなのか病気なのかは定かではありませんが、病気ならこの8年間で治療はできたと思います。

退職間近でまた逮捕

 

益田容疑者は、すでに59歳ですからあと数ヶ月待てば定年退職ができる年齢です。

 

それまでも待てないとは・・・。

 

1回目の逮捕から、また犯行を繰り返していた可能性もあります。

 

神奈川消防署からまたコメントが出ると思いますが、今度のコメントは2回目の逮捕である以上「市民の皆様の信頼を裏切り、誠に申し訳ありません。事実関係を確認し、厳正に対処したい」というおきまりの謝罪ではすみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です